【音声付・入山章栄】「弱いつながり」はクリエイティビティの源泉。コロナ禍が生んだ「分断」をどう克服するか

経営理論でイシューを語ろう

撮影:今村拓馬、イラスト: Devita ayu Silvianingtyas / Getty Images

これからの世の中は複雑で変化も早く「完全な正解」がない時代。コロナウイルスがもたらしたパラダイムシフトによって不確実性がさらに高まった今、私たちはこれまで以上に「正解がない中でも意思決定するために、考え続ける」必要があります。

経営学のフロントランナーである入山章栄先生は、こう言います。「普遍性、汎用性、納得性のある世界標準の経営理論は、考え続けなければならない現代人に『思考の軸・コンパス』を提供するもの」だと。

この連載では、企業やビジネスパーソンが抱える課題の論点を、入山先生が経営理論を使って整理。「思考の軸」をつくるトレーニングに、ぜひあなたも参加してみてください。参考図書は入山先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし本を手にしなくても、この連載は気軽に読めるようになっています。

前回からお届けしている緊急企画では、経営理論を思考の軸に「ウィズコロナ・アフターコロナの時代にビジネスや生活はどう変わるか」を考えていきます。この議論はラジオ形式収録した音声でも聴けますので、そちらも併せてお楽しみください。

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:11分31秒)※クリックすると音声が流れます

みなさん、こんにちは。入山です。

いまわれわれは新型コロナウイルスのため、自由な移動を制限され、家族以外の人と会うことも控えるようになっています。前回は、今後もこの傾向が続くならイノベーションが起きにくい世の中になる可能性もある、という話をしました。

引き続き、このコロナの時代において世の中がどう変化するのか、そしてわれわれはどうすればいいかについて、経営理論を思考の軸にしながら考えていきたいと思います。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

新着記事

スマホを見るサラリーマン

日本人は職場の不満が大きいのに、なぜ会社を辞めないのか

  • 中村天江 [リクルートワークス研究所 主任研究員]
  • Jun. 02, 2020, 05:00 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み