Zoomと「革命的提携」果たしたオラクル。競合アマゾンからの引き抜き4人含む、スゴ腕経営陣10人の全貌

オラクル 経営陣

オラクルのクラウドビジネスをけん引する経営陣。それぞれの経歴は非常に興味深い。

Oracle; Justin Sullivan/Getty Images; Olivia Reaney/Business Insider

  • コロナ危機のなかで、オラクルのクラウド分野でのシェア拡大戦略が加速している。とくにズーム(Zoom)との提携は注目に値する。
  • アマゾンやマイクロソフト、グーグルなど競合相手は強力だが、リモートワークへの世界的なシフトによってクラウドのキャパシティ需要も急増しており、オラクルにもチャンスが生まれている。
  • クラウドビジネスで攻勢をかける上で重要な役割を果たす10人の経営陣にスポットを当ててみたい。

オラクルは過去7カ月間、いくつかの苦しい変化を経験してきた。

誰もが高く評価するベテランの共同最高経営責任者(co-CEO)マーク・ハードが病気療養中の10月に死去し、CEOはサフラ・カッツだけになった。そしていま、他の大手企業と同じように新型コロナウイルスと対峙する日々が続く。

ただ、オラクルは創業から43年という長い歴史のなかで、何度も苦しい時期を乗り越えてきた。むしろ、苦しい時期にこそチャンスをつかんできたともいえる。今回もそうだ。

コロナ危機のなかで急速にユーザーを増やしているズームは、クラウドキャパシティ拡張のためのパートナーとして、提携済みのアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)ではなく、新たにオラクルを選んだ。クラウド分野でのオラクルは、アマゾンやマイクロソフト、グーグル、アリババに比べたら実績と規模で劣るプレーヤーであるにもかかわらず、だ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み