BI Daily Newsletter

アマゾン傘下の食品スーパー、オンライン専門の「ダークストア」へ転換を進める

カリフォルニア州ロサンゼルスのホールフーズで買い物をする人。

カリフォルニア州ロサンゼルスのホールフーズで買い物をする人。

Reuters

  • アマゾン傘下のホールフーズは、オンライン注文への対応に特化した「ダークストア」への転換を進めており、このほど6店舗目がオープンすることになった。
  • 「我々はCOVID-19に関連する課題に対応する中で、安全対策と社会距離戦略を取りながら、配達可能な量を増やす方法を模索し続けている」とアマゾンの広報担当者は述べた。
  • スーパーチェーン店のクローガー、ストップ&ショップ、ハイヴィーも、注文された商品の配達と持ち帰りだけに対応し、店舗は閉鎖している。

アマゾン(Amazon)は「ダークストア」を増やしている。これはオンラインの注文対応専用に転換したホールフーズ(Whole Foods)の店舗のことだ。

その最も新しい店舗は、シカゴのデポール大学近くにある。アマゾンによると、この店舗は5月20日午後4時以降、客は入店できなくなり、従業員はオンライン注文の配達に特化した業務を行うことになる。

ここは「ダークストア」に転換する6つ目の店舗だ。

「自宅待機命令が発令される中、食料品の配達に対する要望は、かつてないほど高まっている」とアマゾンの広報担当者は述べた。

「我々はCOVID-19に関連する課題に対応する中で、安全対策と社会距離戦略を取りながら、配達可能な量を増やす方法を模索し続けている」

他の「ダーク」なホールフーズはニューヨーク(ブライアントパーク)、サンフランシスコ(SOMA)、ボルチモア、オースティンとコロラド州のキャッスルロックにある。

サンフランシスコの店舗では、現在も午前9時から午後1時までは、店舗での買い物を希望する客に対応している。健康状態にリスクを抱える人に対しては、開店の1時間前から買い物をすることができるようにしている。

オースティン、キャッスルロック、ボルチモアは新たに開店した店舗で、客を迎え入れることなく、オンライン専用店舗に転換された。アマゾンは「ダークストア」への転換は一時的なものだとしている。

感染拡大を恐れる従業員のために「ダークストア」戦略を実行

クローガー(Kroger)、ストップ&ショップ(Stop & Shop)、ハイヴィー(HyVee)といったスーパーマーケット・チェーンも、パンデミックでオンラインサービスへの需要が高まったことを受け、注文商品の配達と持ち帰り対応に特化し、店舗は閉鎖している。

「ダークストア」戦略によって、店舗はオンライン注文への迅速な対応ができるようになる。従業員がレジに立ったり、客に対応したりする必要がなくなり、オンライン注文に集中できるようになるからだ。

また、スーパーでの新型コロナウイルスへの感染例が増え、従業員を不安にさせているが、この戦略によりウイルスにさらされるリスクも減少する。

食料品店の従業員が参加する北米最大の労働組合、食品商業労働組合(The United Food and Commercial Workers International Union)の5月の発表によると、少なくとも30人の店員がCOVID-19により死亡し、少なくとも3000人の従業員が感染や発病のために仕事を辞めている。

これとは別に、複数の州の検事総長らが、5月11日付でアマゾンとホールフーズに公開書簡を送付し、ホールフーズでウイルス感染者が発生しているとの報告があったことに触れ、店舗での感染が深刻な状態に陥った場合、顧客や公衆衛生当局にどのように対応するのか、その方針を説明するよう要請した。

「ダークストア」方式に移行すると、入店者数が減少し、従業員が人と接触するのを減らすことができる。また、入店が許可された人に対してマスクや手袋の着用といった安全対策を守るよう指示しやすくなる。そして店舗内の人の数が減ると、従業員は十分な社会距離を確保しつつ作業できるようになる。


[原文:Amazon is opening more 'dark' Whole Foods stores as online grocery orders surge and workers worry about rising infections

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み