在宅ワークの浸透は、住宅費や生活費が高いサンフランシスコからの脱出を加速させるだろう

サンフランシスコ

2019年のサンフランシスコ。

Katie Canales/Business Insider

  • パンデミックの中、多くのホワイトカラーが自宅で仕事をしている。リモートワークは新しい時代のオフィス文化として広く受け入れられるようになるだろう。
  • この現実は、物価の高い大都市から地方都市への住民の流出を加速させる可能性がある。
  • すでに、住宅供給量が少なく、住宅費や生活費が高いサンフランシスコ・ベイエリアを離れる人が続出している。
  • オフィスへの出勤よりも成果が優先される業界でリモートワークに慣れ親しんでいるテックワーカーなど、たくさんの人が地域外での生活を選ぶようになるかもしれない。

人々が仕事に戻り始めると、世の中はコロナウイルス大流行以前の時代とはまったく違った姿になるだろう。

ある設計事務所によると、雇用主は従業員の接触を最小化するためにオフィスに一方通行の廊下を導入しなければならないかもしれないし、デスクは千鳥状の配置になっているかもしれない。あなたは同僚とともに働き方の研究対象になるだろう。グループワークがある日だけオフィスにやってきて、個々のタスクは自宅で完了させる。化粧室は1人でしか入れなくなるかもしれないし、オフィスは厳密な拭き掃除と消毒を行う時間を確保するために使用できる時間が短くなるかもしれない。

設計事務所によるコンセプト図は、デスクをどのようにずらすことができるかを示している。

設計事務所によるコンセプト図は、デスクをどのようにずらすことができるかを示している。

Gensler

しかし、企業がどのようにオフィスを再オープンするかを検討している間に、たくさんの人がリモートワークに適応していて、職場の目的を見直すきっかけになっている。

「もはや我々は自分たちの仕事を処理するために事務所を構えているとは言えない」と、設計事務所BlitzのCEOであるメリッサ・ハンリー(Melissa Hanley)はBusiness Insiderに語っている。

「それなのに、なぜ我々はオフィスに行くのか」

スカイプ(Skype)、グーグル(Google)、マイクロソフト(Microsoft)などのオフィス・デザインを手がけてきたハンリーによると、仕事をする場所は確実に変化しているという。パンデミックが日常生活に影響を及ぼす前は、ベイエリアの小さな家に住んでいる人はもちろん、多くの人が自宅に効率的な仕事場を確保していなかった。

「このことは我々の住居のあり方に大きな影響を与えると思う」と彼女は言った。

「サンフランシスコのアパートには、仕事をするのに必要な最低限のホームオフィスのスペースはない」

だから、密集した大都市からの「逃避行」が起こる可能性があるとハンリーは述べている。Business Insiderのレポートのように、パンデミックによるシャットダウンは、バーや美術館のような都市のアメニティの閉鎖を意味することから、高いお金を払って賑やかな場所に住むという多くの人々の意思決定を再考させている。

「おそらく、それはそんなに悪いことではない。他の場所でもお金を稼ぐ方法はたくさんある」とハンリーは言った。

「ホームオフィスを持つこともできる」

サンフランシスコ・ベイエリアもそうだが、生活費や住宅価格の高騰、住宅の供給不足により、多くの人が生活を維持することが困難になっているため、ここ数年、都市から避難する住民が続出している。

2019年のサンフランシスコ。

2019年のサンフランシスコ。

Katie Canales/Business Insider

不動産サイトRedfinの調査では、サンフランシスコは2017年の最終四半期に全米のどの都市よりも多くの住民を失ったことがわかった。ベイエリア評議会による2018年の調査では、46%の住民がこの地域を離れる予定だと答えている。その理由については、45%が高い生活費を挙げ、27%が住宅価格の上昇を挙げている。そして、2019年のブランズウィック・グループによるシリコンバレーのテック系労働者300人を対象にした調査では、18歳から34歳までの41%が2020年中にこの地域を離れる予定であると答えていた。

シリコンバレーのスタートアップでは、ベイエリアを離れて郊外のコワーキングスペースでリモートワークするために、従業員に1万ドルを提供しているところもある。

テック企業は、高い給料、ストックオプション、ケータリングの食事、豊富なスナック、職場でのエクササイズなど、優秀な人材を惹きつけるために既成概念にとらわれないインセンティブを与えてきた。しかし、このような高い生活コストがかかる都市に住むことに価値があると納得させるのは難しくなってきている。


[原文:An 'urban flight' from the San Francisco Bay Area could be accelerated as more people work remotely in the future and flock to less expensive US cities

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BI PRIME

【入山章栄】「いい会社」は3つの経営理論をスパイラルアップする。“近視眼”に陥らない経営のあるべき姿とは

経営理論でイシューを語ろう

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み