BI Daily Newsletter

子どもの重症例は不明な点が多い…腹痛や下痢などの胃腸の症状にも注意を

↩︎記事に戻る
1 / 2 >

子どもの症状、コロナとその他の違いは

Getty

若年層は新型コロナウイルスに対して高齢者ほど脆弱ではなく、感染しても軽症ですむ傾向があると言われている。だが、子どもの重症例の報告には不明な点が多く、当然ながら親を不安にさせている。子どものCOVID-19の症状は成人の場合と似ており、小児多系統炎症症候群(PMIS)は胃腸に症状が出るのが特徴だ。…[続きを読む]
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み