隔離生活に最適? 新型コロナウイルスのパンデミックで、ホットドッグの売り上げが伸びている

ホットドッグ

Irene Jiang / Business Insider

  • 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で、アメリカではホットドッグの売り上げが120%以上増えている。
  • 市場調査会社「210 Analytics」の創業者アン・マリー・ローリンク(Anne-Marie Roerink)氏は、自宅で手早く簡単に作れる食事を人々が求める中、アメリカ人のホットドッグ愛は夏の間もずっと続くだろうと話している。
  • Insiderの編集者ソフィー・クリーマン(Sophie Kleeman)は4月、ホットドッグは手頃で長持ちし、アレンジしやすく、美味しいため「隔離生活に最適な食べ物」だと書いている

隔離生活が続き、人々が加工肉を頼りにする中、アメリカではホットドッグの売り上げが急増している。

データ分析会社「IRI」によると、3月に外出禁止令が出されたことでホットドッグの売り上げが大幅に伸びている。3月15日までの1週間のホットドッグの売り上げは、前の年の同じ週から123%増えた。3月22日までの1週間は127%増えている。

買いだめが落ち着く中、売り上げは多少減っているものの、2019年に比べてホットドッグの購入は大きく増えている。IRIのデータによると、5月3日までの1週間のホットドッグの売り上げは36%増だ。3月上旬のパンデミックの始まり以降、売り上げは全ての週で前の年に比べて最低でも29%多くなっている。

市場調査会社「210 Analytics」の創業者アン・マリー・ローリンク氏は、アメリカ人のホットドッグ愛は夏の間もずっと続くだろうとBusiness Insiderに語った。

自宅で手早く簡単に作れる食事を求める人々がホットドッグに引きつけられていると、ローリンク氏は言う。ホットドッグはアレンジしやすく、賞味期限が長く、凍らせて取っておくのも簡単だ —— これは肉不足の不安という観点から特に重要だ。

学校に行けず、自宅にとどまっている子どもたちを持つ親にとっても、ホットドッグは便利な選択肢となっている。

「子どもは食べたがらないけれど、母親や父親は食べたい食事というものもあります」とローリンク氏は指摘する。「簡単でアレンジしやすく、タンパク質も取れる、子どもにやさしい解決策を考えた時に、ホットドッグが挙げられます。果物を添えれば手軽なランチになるし、子どもが好きな夕食として親が寿司を食べる時に提供することもできます」という。

ホットドッグは「隔離生活に最適な食べ物」

ホットドッグ

Iurii Golub/500px/Getty Images

ただ、パンデミックの最中、子どもを持たない人々もホットドッグを支持している。Insiderの編集者ソフィー・クリーマンは4月、ローリンク氏と同様のメリットを挙げて、ホットドッグを「隔離生活に最適な食べ物」だと説明している

クリーマンは、ホットドッグは安くて「手がかからないが、高級フランス料理にもなり得る」賞味期限の長い、アレンジしやすくて美味しい料理だと指摘した。

その上で、「ホットドッグは7月、誰かの家の裏庭など屋外でジーンズの短パンを履いて、ほろ酔い気分で食べるのが一番」としつつ、「今はそれができないからこそ、ホットドッグはもう1つの責任を背負っている。ホットドッグは気晴らしであり、かつてはどうだったかを思い起こさせ、いつかもう一度と思わせる心地よいリマインダーなのだ」とクリーマンは書いている。

また、ローリンク氏はパンデミックの最中にホットドッグ人気が高まっている"負の理由"も指摘した。アメリカでこれまでになく失業者が増えているという経済的な現実だ。

「それが肉の購入に及ぼす影響としては、より安価な肉が売れるようになるということだ。そして、ホットドッグは間違いなくそうした食べ物の1つだ」とローリンク氏は言う。

[原文:Hot dogs sales skyrocket by more than 120% during the coronavirus pandemic, as Americans embrace the 'best quarantine food'

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み