BI Daily Newsletter

Zoomが開発拠点を2カ所新設へ。機械学習とデータサイエンスに重点、「高精度の議事録自動作成」開発か

Zoom

リモートワーク増加に後押しされ急成長を続けるZoom(ズーム)。中央にエリック・ユアン最高経営責任者(CEO)。

Kena Betancur/Getty Images

  • Zoom(ズーム)がフェニックスとピッツバーグに研究開発拠点を設立し、今後数年で総計500人のエンジニアを採用しようとしている。
  • パンデミック発生以前からの計画と、パンデミックによって急増した新たなユーザーを維持するための新たな対応を組み合わせた上での決定だ。
  • 新たな拠点への投資は、オフィスでの勤務を希望する従業員にその選択肢を用意するのが目的という。

Zoomはユーザー拡大を受け、新たなエンジニア人材の確保に動き出している。

同社はリモートワークの象徴とも言うべき存在になったにもかかわらず、増加中の従業員のためにフィジカルなオフィスを2カ所で建設することを決めた。

すでにフェニックス(アリゾナ州)とピッツバーグ(ペンシルベニア州)で開発拠点の準備を進めており、今後数年かけて合計500人のエンジニアを採用する。

Zoomの従業員は1月31日時点で2532人なので、500人の新規採用はかなり大規模な採用活動と言っていいだろう。同社は5月17日現在、118件の求人情報を公開しているが、そのうち27件は新拠点での勤務とされている。

ケリー・ステッケルバーグ最高財務責任者(CFO)によると、今回の採用強化については以前から計画されていたが、新型コロナウイルスの世界的流行後にリモートワークの急増を受けて需要が急増したため、それを加味して採用数を決定したという。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み