【ニューノーマルの時代・イアン・ブレマー】危機は2、3年続く。このコロナ禍に「勝者」はいない

newnormal.001

Photo by Riccardo Savi/Getty Images for Concordia Summit

新型コロナウイルスで、世界一の感染爆発地となった米ニューヨーク。

そのニューヨーク・マンハッタンで、社員が1人もいないオフィスに出勤し、ビデオなどを通して、世界中に新型コロナウイルス感染拡大と経済・政治の見通しに関する情報を発信している、コンサルティング会社、ユーラシア・グループ社長で国際政治学者のイアン・ブレマー氏。

コロナ前は世界中の首脳や大企業トップに会うために、世界中を飛び回っていた。「本当は世界中に出張したい。現実を理解するには現地で人に会わないといけない」ともどかしさを見せる。

ブレマー氏はグローバル社会を率いるリーダー不在の世界を「Gゼロ」と名付け、そのリスクに警鐘を鳴らしてきた。果たして、パンデミックの後は世界はどうなるのか。

習近平国家主席

コロナ後の世界で、中国とて勝者にはなり得ない、とブレマー氏は言う。

REUTERS/Carlos Garcia Rawlins

——Gゼロの世界は、ポストコロナでも続くのでしょうか。それともリーマンショックの後に中国が台頭したように、中国が経済で一人勝ちするのでしょうか。

Gゼロの世界は続きます。新型コロナ危機で私たちが目にしているのは、これまで起きていた事象を加速させたということです。

例えば、不平等や格差がさらに加速しました。10年間ほどで少しずつ深刻化していた不平等が、この2、3カ月で表面化しました。

米中の緊張関係も、仲介役となる国家がない中、増幅しています。新型コロナの影響で、アメリカ国民は失望し、ヨーロッパ人はより内省的になっています。今後、世界経済の損失は国内総生産(GDP)で約10%マイナスになると見られます。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
BI PRIME

ラジオ体操、社員旅行、独身寮…“昭和の慣習”を取り入れるスタートアップの狙いとは?【音声付・入山章栄】

経営理論でイシューを語ろう

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み