【Mr. CHEESECAKE・田村浩二4】コロナ前から始まっていた飲食店のオンライン化

田村浩二

撮影:鈴木愛子

2020年4月、Mr. CHEESECAKEは2周年を迎えた。

その間、田村浩二(34)はキッチンを2回拡張し、レシピ本も出した。世の中ではバスクチーズケーキが一大ブームとなり、コンビニもこぞって新商品を出した。

「SNS時代のお菓子ブランド」として田村が注目を浴び、海外展開も視野に入れてビジネスを拡大しようとする最中、新型コロナ禍が世界を襲った。

外食企業の97%が売り上げ減

サイゼリヤ

新型コロナの影響で、外食業界の売り上げは大きく落ち込んでいる。

撮影:西山里緒

帝国データバンクの2020年4月の調査では、外食事業の上場企業56社のうち約95%が全店売上高が前年同月を下回った

臨時休業していた一部の飲食店は5月から営業を再開し始めているが、日本フードサービス協会は「最低1メートルの間隔」を開けるようガイドラインで呼びかけるなど、長期的に売り上げの落ち込みは続くことが予測される。

なかでも、田村がキャリアの13年間を捧げた、高級フレンチのような飲食店は最も大きな危機に直面している。一足早く独立し、違うビジネスモデルを立ち上げていた田村の元にはレストラン時代の同僚からも相談が寄せられているという。

「今、すべての料理人が強制的にビジネスの場に上げられているんです」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み