【ニューノーマルの時代・東浩紀】見直すべきテクノロジー万能論。GAFAは何も貢献せず、人類はウイルスに勝てない


newnormal.002

Anotai Y / Shutterstock.com

ポストコロナを生き抜くための新たな指針「ニューノーマル」とは何か。各界の有識者にインタビューをしていくシリーズ。今回は思想家で出版社「ゲンロン」創業者の東浩紀さん。

前編では、日本のコロナ対策において欠けていた視点、それによる社会の分断の加速について話してもらったが、後編ではビッグデータと個人のプライバシーや監視についての問題点を指摘する。さらにグローバルの文脈において、このコロナ禍をどう捉えれば良いのか? まで話は及んだ。


東浩紀

コロナ禍から世界が学ぶべき教訓とは? 思想家の東浩紀さんが語る。

提供:ゲンロン

—— 日本以外の国の対応はいかがでしたか。

どの国でも「命のためにはとりあえず監視だ」と進んで受け入れ、情報技術がそれを強力に組織してしまった。イタリアでも韓国でも、GPSを付けた感染者の追跡が政府によって強力に推し進められました。

アメリカでは、ユダヤ教の聖職者の葬儀が、市長によって強制的に止められたこともありました。これは宗教の自由のとんでもない侵害です。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み