富士フイルムHD決算で語った「アビガン増産体制」と「通期の定性見通し」とは…「コロナ影響はマイナス470億円」

fujifilm

東京・六本木ミッドタウンの富士フイルム本社。

出典:富士フイルム

富士フイルム ホールディングス(HD)は5月22日、2020年3月期の通期決算を発表。懸念される新型コロナウイルスに関連するマイナス影響について、当初見込みからの差が売上高でマイナス470億円(当初見込み比1.9%減)、最終利益でマイナス80億円(同13%減)の影響があったとした。

2020年3月期・通期決算は、売上高は2兆3151億円(前年比4.8%減)、最終利益は1250億円(同9.5%減)で着地した。

fujifilm-1

出典:富士フイルムホールディングス2020年3月期決算説明資料より

富士フイルムHDの助野健児社長は決算発表の冒頭、「コロナ影響がなければ、過去最高の営業益を更新していた。感染拡大によって、消費活動が停滞したことで、当社の業績にも大きく影響が出た」と、コロナショックの状況についてコメントした。

アビガン増産と需要状況

abigan

アビガン錠。

出典:富士フイルム

富士フイルムは新型コロナウイルス感染症への効果が期待できるとして注目が集まっているアビガン錠の製造・販売も手がける。同薬剤は現在、あくまで抗インフルエンザウイルス薬としての承認を得ている状態だ。

富士フイルム常務で医薬品事業部長の岡田淳二氏は、決算説明の中で、新型コロナウイルス向けの薬剤としての製造承認を新たに取得する必要があるとして、「現在日米の2カ国でCOVID-19(新型コロナウイルス)患者に対して企業治験を進めている状況」だと語った。

fujifilm-2

出典:富士フイルムホールディングス2020年3月期決算説明資料より

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

「仕事ができないヒマな社員」がボランティアに逃げているというウソ

ミスです!

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み