BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

カリスマ小学校教師に聞く、社員のやる気の引き出し方

| Tech Insider, Careers

Sponsored

Mugendai_2005Numata_01

「ダンシング掃除」や「勝手に観光大使」などのユニークな方法でクラスの子どもたちの「やる気」を引き出し、カリスマ教師と呼ばれている人がいる。「ぬまっち」こと、東京学芸大学附属世田谷小学校教諭の沼田晶弘氏だ。「子どもたちが『ワクワク』して『楽しい』と感じたら、やりなさいと言われなくても勝手にやってくれる」 —— それはビジネスにおけるマネジメントにも当てはまると、沼田氏の元には社員の「やる気」を引き出したい企業からの講演依頼が増えている。

今、教育現場では、受け身ではなく能動的に学ぶアクティブ・ラーニングが注目されている。アクティブ・ラーニングの最先端を走る沼田氏に、子どもや社会人の「やる気」の引き出し方について聞いた。

沼田晶弘(ぬまた・あきひろ):東京学芸大学附属世田谷小学校教諭。1975年東京生まれ。東京学芸大学卒業後、アメリカ・インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。同大学職員などを経て、2006年から現職。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が話題となる。教育関係のイベント企画を数多く実施するほか、企業向けにやる気を引き出す声かけや、リーダーシップ、コーチング、信頼関係構築などの講演も精力的に行っている。著書に、『One and Only〜自分史上最高になる』(東洋館出版)『自分で伸びる小学生の育て方』(KADOKAWA)など多数。

Related articles