ジェフ・ベゾス、アマゾン「10年ビジョン」策定の際にいつも考えることは何かを明かす

ジェフ・ベゾスCEO

Clodagh Kilcoyne / REUTERS

  • 2020年5月27日に開催されたアマゾンの年次株主総会にて、CEOのジェフ・ベゾスは会社の10年ビジョンについて質問を受けた。
  • ベゾスは、目標設定の前に今後10年で「変わらないものは何か」を自問することが大切だと述べた。
  • アマゾンにとっては、顧客へのサービス提供に注力することがその一つであり、そこから「長期的なアプローチをとる」などの、アマゾンの他の重要なリーダーシップ・プリンシプル(原則)につながっていく。
  • これはベゾスがよく言及する考え方で、昨年も、アマゾンが低価格と迅速な発送に注力しているのは、それが10年後も変わらずに要求されることだからだと、似た内容の回答をしている。

アマゾンのジェフ・ベゾスCEOは2020年5月27日、同社の年次株主総会で10年ビジョンについて質問を受けた。ベゾスは、今後10年間で多くのことが変化していくものの、逆に「変わらないものは何か」を自問することのほうが重要で、それに基づいて何をしていくべきかを考えたうえで目標設定すべきだ、と語った。

「時間が経っても変わらないものをベースに戦略を策定することもできるのです。この10年ビジョンの中には、当社において今後も変わることのない、様々な要素が盛り込まれています」とベゾスは話した。

そのうちのおそらく最も重要な要素が、顧客へのサービス提供に注力し続けることだという。この「カスタマー・オブセッション」(顧客を第一に考えること。アマゾンが定める14の信条のひとつ)が起点となって、長期的視点で新規プロジェクトを捉える、失敗を恐れず新しいアイデアを生み出す、といったそれ以外の企業文化も形作られていく、とベゾスは語る。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み