アフターコロナで注目集まる“信用スコア” ── LINE Pocket Moneyのユーザー動向に見るスマホ金融の必要性

LINE Score

LINE上の活動によって算出される「LINE Score」。その利用価値がアフターコロナでどう変わるか(写真は2019年6月のLINE Scoreローンチ時のもの)。

撮影:小林優多郎

LINE子会社のLINE Creditは5月28日、同社がコミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する個人向け信用スコア「LINE Score」およびそれを利用した個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」の利用動向を明らかにした。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けてさまざまな活動の自粛喚起が行われており、経済的に大きな打撃を被って緊急融資を求める個人・企業が増えている。

一方で、融資する側の銀行など各種金融機関は経済悪化時の貸し倒れを警戒し、与信を引き締めるとの予想もある。

そんな状況下で、個人スコアは今後社会にどのような影響をもたらす可能性があるのか。LINE Creditの吉永幹彦社長とサービス企画チームマネージャーの川崎龍吾氏に、同社がこのたび公開した資料をもとに、withコロナ時代のユーザー動向の変化を聞いた。

ユーザー500万人突破、信用スコアで個人向け少額融資

LINE Scoreのユーザー数

LINE Scoreのユーザー数は1年弱で500万人を超えた。

出典:LINE

LINE Scoreは基本的に、LINEユーザーが登録を行ってからスコアリングを開始する「オプトイン」型のサービスだ。2020年5月5日時点で登録ユーザーは500万人超。LINEの国内月間アクティブユーザーは8400万人(2020年1月末時点)だから、単純計算すると、LINEユーザー全体の5.9%以上が登録するサービスとなっている。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み