米住宅市場「すでに底打ち」「1年前倒しで回復に向かう」バンカメレポートの上方修正が意味するもの

住宅市場

米金融大手バンク・オブ・アメリカが発表した住宅市場レポートが話題を呼んでいる。

Michael H/Getty Images

  • 米金融大手バンク・オブ・アメリカが発表したレポートによると、パンデミックによる住宅市場の低迷はすでに底打ちし、従来見通しより1年回復が早まる模様だ。
  • レポートは、住宅ローン申請件数と、住宅購入者および建設業者の景況感を示す指数がいずれも増加していることを指摘している。

バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は5月上旬の段階で、パンデミックの影響により住宅価格が翌年にかけて2%下落し、2021年4月に底打ちするとの予測を発表していた。

ところが、バンカメが最近出したレポートによると、最新のデータを分析した結果、住宅市場はすでに底打ちして回復に向かっていることがわかった。

バンカメのレポート「ハウジング・ウォッチ」は次のように分析している。

「住宅市場は経済停滞の被害者であって、停滞の原因ではない。住宅市場のファンダメンタルズ(基礎的な指標)は堅実で、反発に転じればあとは自然に回復へと向かう。課題はまだ残るが、回復プロセスはすでに始まっている」

こうした見通しのアップデートにつながった指標のひとつは、住宅ローン申請件数だ。

米抵当銀行協会(MBA)のレポートによると、5月9〜15日の週は、その前週に比べて申請件数が6%増加したという。MBA経済産業予測部門のアソシエイト・ヴァイスプレジデント、ジョエル・カンはこう書いている。

「住宅ローン申込件数は4月の大幅下落からの回復中で、5月9〜15日の週まで5週連続で増加を続けている。(増加に転じる以前の)6週間前は前年を35%下回る水準だったが、あらゆるローンにまんべんなく申し込みが入っており、現時点で前年をわずかに1.5%下回るところまで回復している」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み