ロールス・ロイス・カリナンの1/8スケールレプリカ…塗装や内装も完璧に再現

ロールス・ロイス「カリナン」の1/8スケールレプリカ。

ロールス・ロイス「カリナン」の1/8スケールレプリカ。

Rolls-Royce

  • 1/8スケールのロールス・ロイス「カリナン」のレプリカは、1000個以上の部品でできている。
  • 組み立てには450時間を要する。
  • 価格は1万7100ドル(約186万円)から3万6500ドル(約400万円)の間と報じられている。

上の写真を見てぎょっとした人がいるかもしれないが、心配しなくても大丈夫。ロールス・ロイス(Rolls-Royce)が白い手袋をはめた巨人を雇ってポーズを取らせているわけではない。これは「カリナンSUV(Cullinan SUV)」の1/8スケールレプリカだ。

このカリナンのレプリカはおもちゃではない。もしおもちゃだと思ったとしたら、間が抜けている。「単なる模型以上」だと、ロールス・ロイスがプレスリリースで宣言するほどのものだ。

ロールスロイス「カリナン」の1/8スケールレプリカ。

Rolls-Royce

この小さなカリナンは、本物そっくりの本格的なレプリカだ。ロールス・ロイスによると、細部に至るまですべてが手仕事で再現され、顧客の好みに合わせてカスタマイズできる。部品は全部で1000個以上。すべての組み立てるのに最大450時間かかる。ちなみに本物のカリナンの製造に要する時間は900時間以下だという。

ボディの色は、4万色から選ぶことができる。ボディの塗装が終わると、コーチライン(ボディ側面に引かれた細い線)が上質の筆で描かれる。

ライトは実際に点灯し、ボンネットの下には本物のカリナンに搭載されている6.75リッターのツインターボ付V型12気筒エンジンのミニチュアバージョンが納められている。

ロールスロイス「カリナン」の1/8スケールレプリカ。

Rolls-Royce

内装はまるで魔法にかけられているようだ。木目調の仕上げ、ヘッドレストの刺繍、シートのパイピングやステッチまで見ることができる。

レプリカは、長さ約1メートルのケースに入れてディスプレイされる。光沢のある黒の台座に載せられ、どの角度からでもその美しさを鑑賞できる。

新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅待機命令により、カリナンのオーナーたちは普段よりも車を楽しむ時間が持てないだろうと、ロールス・ロイスは考えた。そこで、愛車との分離不安を少しでも和らげてもらおうと、1/8レプリカを提供することにしたのだ。家を出ることなくカリナンを楽しめる、完璧な解決策だ。

ロールスロイス「カリナン」の1/8スケールレプリカ。

Rolls-Royce

ロールス・ロイスはこのレプリカの価格を明らかにしておらず、Business Insiderの問い合わせにもまだ返答はない。だが、同社の広報担当者は、自動車雑誌のカー・アンド・ドライバー(Car and Driver)に対し、最も安くて2万7000ドル(約290万円)からだと語ったという。キア(Kia)の小型車リオ(Rio)の新モデルが1万5850ドル(約170万円)であることからすると、その高価格ぶりが実感できるだろう。

だが、こんな風に考えてほしい。キアの代わりにロールス・ロイス・カリナンが手に入る。乗り込むことも運転することもできないけれど。

[原文:Rolls-Royce is now selling a $27,000 miniature replica of its $330,000 SUV complete with working lights and 'bespoke' details

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み