アプリを使った「医薬品」デジタルセラピューティクス(DTx)とは何か?

DTx

イメージです。

Shutterstock

  • この記事はビジネスインサイダー・インテリジェンスのプレミアム・リサーチ・レポート「デジタルセラピューティクス解説(The Digital Therapeutics Explainer)」のプレビュー版。レポート完全版(有料)はこちらから

デジタルセラピューティクス(DTx)とは何か?

デジタルセラピューティクス

医薬品のように規制当局から承認を得たデジタル医療「デジタルセラピューティクス」が注目されている。

Business Insider Intelligence

「デジタルセラピューティクス(DTx:Digital Therapeutics)」と呼ばれる新しいタイプの医療が、増え続ける慢性疾患患者をコストを抑えながら治療する手段として注目されている。

DTxとは、従来の治療法に代わる、またはそれを補完する、「科学的根拠に基づく」「ソフトウェア」を使った治療手段で、多くの場合、スマホなどのモバイル機器のアプリの形をとる。

従来のデジタルヘルスケアと異なるのは、規制当局の承認が必要だという点だ。検証結果に裏打ちされているということが、DTxの核にある。

多くのDTxベンダーが取り組んでいるのが、米国の医療支出のなかで最大の割合を占める慢性疾患の治療だ。ビジネスインサイダー・インテリジェンスの概算では、2018年に米国で慢性疾患治療に使われた金額は3.3兆ドルにのぼる。

慢性疾患患者は急増しており、またそうした疾患の治療費は非常に高額だ。こうしたことを背景にDTx市場は急拡大している。その市場規模は2025年までに年約21%の成長率で、90億ドルに迫る見込みだ。

DTxの登場で再構成が必至な医療業界

米国の消費者の動向

米国の消費者の多くはFDA(アメリカ食品医薬品局)から承認されたデジタル医療を試すことに肯定的だ。

Business Insider Intelligence

医療業界のほとんどのステイクホルダーが接点を持つ「医薬品」と並ぶ扱いになるDTxの登場は、ヘルスケアに大きな変化をもたらし、業界全体のバリューチェーンの再構成を促している。

DTxを組み込むためにさまざまな関係者が動いている。例えば、薬剤給付管理会社(PBM)は推奨医薬品リストにDTxソリューションを加える手続きをしており、保険会社はコストを抑えるため、加入者にデジタルソリューションの活用を促している。また製薬会社や医療機器メーカーはDTxベンダーと連携を図ることで新たな収益源を確保しようとしている。

このトレンドを捉え損ねれば、大きな機会損失につながりかねない。製薬会社や医療機器メーカーがDTx企業との連携の機会を逃せば、新規参入事業者にシェアを奪われる恐れがあるのだ。

ビジネスインサイダー・インテリジェンスによる本レポートでは、DTx市場の拡大を促している要因や、主だったプレイヤー、またDTxベンダーによるターゲット層へのさまざまなアプローチについて解説する。

また、DTx企業やその製品が、保険会社、製薬会社、医療機器メーカーなどに、どのような機会を提供し、どのような危機を及ぼしているのかを見る。最後に、DTxの今後の発展を予想。新規参入の増加で変わりつつある医療業界で既存プレイヤーが優位性を保つにはDTx企業との連携が有効だ。そうした連携を阻んでいる障壁を明らかにする。

DTx関連の主な企業やスタートアップ

本レポートで言及される企業は以下。

23andMe, 2morrow, Inc., Advocate Health Care, Akili Interactive, Apple, Aptar Pharma, Aurora Health Care, Bayer, Better Therapeutics, Big Health, Biofourmis, Blue Shield of California, Cambia Health Solutions, Cigna, Click Therapeutics, Cognoa, CVS Caremark, DarioHealth, Dexcom, Diabeto, Eli Lilly, ExpressScripts, Glooko, Happify Health, Health2Sync, Kaia Health, Lark Health, Livongo, MedRhythms, myStrength, mySugr, Noom, Novartis, Novo Nordisk, Omada Health, Omron, One Drop, Otsuka, Pear Therapeutics, Propeller Health, Proteus Digital Health, ResMed, Retrofit, Roche, Sanofi, Teva Pharmaceutical, Teladoc, UnitedHealth Group, Vida Health, Virta Health, Voluntis, Walgreens, Walmart, Welldoc.

本レポートのキーポイント:

世界のDTxの市場規模

世界のDTxの市場規模は2025年には90億ドルにまで成長すると見込まれている。

Business Insider Intelligence

  • DTxは、ヘルスケア分野のバリューチェーンに揺さぶりをかけている。今後6年間でDTxの市場規模は3倍に成長し、90億ドルに迫ると見込まれている。DTxの利用者数は2023年までに10倍以上になると、ビジネスインサイダー・インテリジェンスは予想する。
  • 保険会社は、DTxを組み込んだ商品を取り揃えることで多くのメリットを得られる。処方薬支出や慢性疾患の診療報酬の抑制、加入者の健康維持、そして法人契約を取るためのセールスポイントにもなる。
  • DTxベンダーと連携をしている先見性のある製薬会社や医療機器メーカーは、DTxの普及で、リアルタイムで蓄積される大量のデータへのアクセス、新開発の製品やサービスによる収益源の増加といった利益が得られる。時流に乗り遅れれば、デジタルソリューションを好む消費者の増加とともに、収入減に直面するかもしれない。
  • 今後数年間、DTxの分野では活発な動きが見込まれるが、課題もある。ひとつは医者や患者をいかに取り込むかという問題。もうひとつは、(アメリカにおける)公的医療保険制度のメディケアとメディケイドが設定する診療報酬の低さだ。

本レポートの完全版では:

d12ad1f1-3c84-46e7-b254-9ca23c8e5971

  • 拡大するDTx市場を概観し、医薬品の代わりとなるデジタル治療を開発する企業がいかに医療を変えつつあるのかを示す。
  • DTx分野の主なプレイヤーを紹介する。
  • 保険会社、製薬会社、医療機器メーカーなど、従来の医療関連組織のDTxによる利害得失を分析する。
  • DTxの未来を予想し、普及の妨げとなっている障壁を明らかにする。



本レポートの完全版を入手するには:

リサーチストアからレポート完全版をご購入・ダウンロードする。→購入・ダウンロードはこちらから

[原文:Digital Therapeutics Explained: DTx market trends & top companies delivering on the latest digital health opportunity

(翻訳・野澤朋代、編集・佐藤葉)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み