最高です! あなたの人生にペットが必要な15の理由

ねこと犬

Auscape/Getty Images

犬、猫、鳥…… どんなペットでも、動物を飼うということはある意味で冒険だ。

ただ、どんなストレスや孤独の中にあっても、ふわふわのお友達はいつでもわたしたちのそばにいてくれる。

ペットを家族に迎える時、人間はペットの生活をより良いものに変えたと考えがちだが、ペットも同じくらい飼い主の生活に良い影響を与えている。あなたの人生に彼らが必要な15の理由を紹介しよう。動物を家族に迎えるべきかどうか迷っているなら、ぜひ参考にしてほしい。


1. 一緒にいると気分が良くなる

ねこ

Sean Gallup/Getty Images

ペットはあなたが感じているストレスを軽減する役に立つ。研究によると、ペットと一緒に時間を過ごすことでオキシトシンが増えるという。オキシトシンは「幸せホルモン」としても知られている。これは、ペットとの絆を感じたり、親密感を抱くからだ。あなたの全体的な気分も上げてくれる。

2. あなたの社会生活を向上させてくれる

ねこ

Shutterstock

ペットの存在は、あなたの次のZoom会議の会話を始める最高のきっかけになるだけでなく、新たな友人を作る助けにもなるだろう。

犬はもともと他の犬や人を含め自分の置かれた環境に対する好奇心が強く、社会的交流の良いきっかけになり得る。犬を飼っていれば、見ず知らずの人から声をかけられることもあるかもしれない。

だが、ネコなど他のペットもあなたの社会の輪を広げてくれる。オーストラリアとアメリカで行われた2015年のある研究によると、ペットを飼っている人はそうでない人に比べて、近所の人と知り合いになることが圧倒的に多いという。

3. 恋人探しの役に立つことも

子猫と子犬

China Photos/Getty Images

ペットは、恋人を見つけるチャンスを増やす良い方法になり得る。ピュリナの調査では、54%の人が、自分の飼っているペットが興味のある人との会話を始めるきっかけになったと答えている。また、63%の人がペットを飼っている人とデートしたいと答え、3人に1人はオンラインデートのプロフィールに自分の飼っているペットの写真を上げている人に会いたいと答えている。

4. パートナーがいる場合、ペットは2人をより幸せにし、ストレスを軽減してくれる

犬

SAM YEH/Getty Images

雑誌『Psychology Today』が引用した研究によると、ペットを一緒に飼っているカップルはそうでないカップルに比べて平均して血圧は低めで、幸福度が高いという。また、ペットのいるカップルはそうでないカップルに比べ、会話も多いという。

5. あなた自身もより良い人間になれる

うさぎ

Sandy Huffaker/Getty Images

BarkBoxの研究によると、犬を飼うとより良い人間になれるという(少なくともそう思えるようになる)。ペットを飼っている人の93%が、忍耐強くなったとかやさしくなったなど、ペットが自分をより良い人間にしてくれたと思う点を少なくとも1つはすぐに挙げられるという。

6. 職場にペットを連れて行くと、やる気が増し、ストレスをコントロールできる

犬

Barcroft Media/Getty Images

在宅ワーク中のウェブ会議であなたのペットを見せることは、あなただけでなく同僚にとっても場を明るくしてくれる。

アメリカ、ノースカロライナ州のある製造会社で行われた2012年の研究では、職場に飼い犬を連れてきた従業員のストレスレベルは1日を通じて低く、仕事への満足度も高く、雇い主の評価も高かった。

7. 仕事で疲れたあなたをリラックスさせてくれる

ねこ

Hulton Deutsch/Getty Images

ペットはあなたに慰めと安堵感を与えてくれる。2003年のある研究では、ストレスフルな状況が続いた後にペットをなでると、不安が和らぐことが分かった。「不安軽減効果は、動物好きに限らずさまざまな人に認められた」という。

8. ペットが近くにいると(特に犬)、安心感が増す

犬と母子

Barcroft Media/Getty Images

ジャーマン・シェパードやロットワイラーといった大型犬は、飼い主に大きな安心感を与えてくれる。「その忠誠心、信頼感、保護本能」から近年、ロットワイラーの人気が高まっている。

9. 寒い夜、いつでも甘えられる誰かがいる

ねこと老女

Hulton Deutsch/Getty Images

眠りを邪魔されることもあるかもしれないが、ペットが自分の近くで丸くなってくつろいでいるのがいいという飼い主もいる。眠りにつくあなたの心に安らぎを与えてくれるだろう。

10. ペットと一緒の散歩やヨガなどのおかげで、あなたがより活動的になる

散歩

Shutterstock

犬を散歩に連れて行くことでからだを動かす機会が増え、あなたの体調も良くなる。「ラッシー効果」とも呼ばれる。

11. ペットと遊んだり、芸を教えることはものすごく楽しい

犬

PhotoPlus Magazine/Getty Images

犬を飼っていれば、天気の良い夏の日に飼い犬と一緒にボールを投げたり、拾って来たりして遊ぶ楽しさを知っている人は多いだろう。犬に握手やロールオーバー、合図に応えて吠えることを教えることも可能だ。だが、芸を教えられるのは犬だけではない。猫にもお座りやハイタッチを教えることができる。

12. ねこや犬のようにふわふわではないが、オウムといった鳥も"生涯の伴侶"になり得る

オウム

China Photos/Getty Images

鳥は社会的な生き物で、ゲームをしたり、芸を見せることが大好きだ。だが、他の動物と違って、オウムやその他の鳥たちには人間の言葉を学び、真似をする能力がある。また、その寿命は人間とほぼ同じで、中には100歳を超えるオウムもいる。まさに一生の友だ。

13. 子どもの学習の助けになる

犬と子ども

Justin Sullivan/Getty Images

Blue Crossによると、幼い頃からペットを飼っていると、子どもの自信と共感力が増すという。ペットは素晴らしい"聞き役"だ。

14. ペットは子どもに"責任感"を教えてくれる

犬の世話をする子ども

Barcroft Media/Getty Images

American Pet Product Associationの調査によると、ペットを飼っている人の58%は、ペットが子どもに"責任感"を教える役に立ったと答えた。小さな子どもでも、家族であるペットに食事を与えたり、散歩に連れて行ったり、風呂に入れる手伝いができる。

15. 素晴らしい創作活動のインスピレーションにもなる

オリバー・リードとネコ

イギリスの俳優オリバー・リードと飼い猫のフェリックス。

Chris Ware/Getty Images

ペットはさまざまな方法で人間にインスピレーションを与える。イギリスの俳優オリバー・リードは、飼い猫のフェリックスと一緒に映画の台本をチェックしていた。アルバート・アインシュタインは、飼い猫のタイガーが動き回るのを見ている時に、よく独自の理論を思いついたという。フローレンス・ナイチンゲールは、怪我をした犬がきっかけで看護師になった。

[原文:15 reasons why having a pet is good for you and your family

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み