アメリカの住宅価格は2021年春にかけて下落に向かう。接客、旅行、エネルギー業界の低迷が背景に

住宅価格

アメリカの不動産専門家の間では、2021年前半にかけて住宅価格が下落するとの見方が広がっている。

REUTERS/Peter Nicholls/File Photo

%!(EXTRA string=米不動産データ分析会社コアロジックは、住宅価格に関する最新レポートのなかで、アメリカの住宅価格が2021年4月には前年同月比で1.3%下落するとの見方を示している。米金融大手バンク・オブ・アメリカもほぼ同様の見通しを示している。)

%!(EXTRA string=同レポートによると、2020年4月の住宅価格は前年同月比5.4%上昇。新型コロナウイルスの大流行によって住宅供給が滞ったことが要因で、初回購入者向け住宅の販売在庫は4月に平均25%減少している。)

prime_homeprice_inventory

2020年4月の住宅在庫(初回購入者向け)は平均25%減。

出典:CoreLogic 'U.S. Home Price Insights'

%!(EXTRA string=コアロジックのフランク・マーテル最高経営責任者(CEO)は、レポートのなかで次のように分析している。)

%!(EXTRA string=「供給がタイトになる一方で、ミレニアル世代を中心に需要も抑え込まれたことで、結果として、いずれ中期的には購買行動にも住宅価格にも揺り戻し(の回復)が来るだろうとの楽観論が生まれている」)

%!(EXTRA string=しかし、パンデミックによって引き起こされた経済の低迷は、住宅価格のトレンドを逆転させることになる、レポートはそう予測する。)

%!(EXTRA string=「これから1年〜1年半は厳しい経済状況が続く。その後、雇用や経済活動は間違いなく上向く。そのときは住宅供給が国全体の経済回復をけん引していくことになるだろう」)

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み