ナイキが3分で15億円。中国で消費回復へEC総力戦「618セール」。大物歌手、不動産競売、ライブコマースまで投入

_INSIDECHINA.001-1

Feng Li / Getty Images

中国のECセールと言えば、アリババが始めた11月11日の「独身の日」が世界的に注目されているが、他にも複数ある。「独身の日」の2匹目のどじょうを狙った「12月12日」のセール、そしてアリババの競合で業界2位の京東商城(JD.com)の設立日である6月18日にちなんだ「618セール」だ。

1999年に創業したJD.comは光磁気製品の販売を本業としていたが、重症急性呼吸器症候群(SARS)禍で経営危機を迎え、2004年にECに進出。ECの売り上げが大きくなり、業態転換した歴史を持つ。

6月1日に始まる618セールは、これまで独身の日セールの陰に隠れがちだったが、1~3月の「コロナ禍」の売り上げを取り戻さなければならない2020年は、例年と意味合いが違う。アリババや蘇寧易購などライバル企業も全力で、お祭りムードを盛り上げている。

アフターコロナで話題づくりも不要

zhibo2

写真右の男性雲南省の農村を支援してきた大学教授で、全人代代表でもある。5月下旬の全人代でもジャガイモを手に北京入りした。

Weiboより

2020年の618の特徴は、大幅値引きやクーポンばらまきによる「消費刺激」が最大の目的となっている点だ。独身の日も含めたECセールはマンネリ化が進み、話題づくりに苦心していたが、今年に限っては「アフターコロナ」、そして「新しい生活様式」という大義名分で、自然と商戦は盛り上がる。

618は本来「JD.comの日」なのだが、今年はとにかくアリババのニュースが流れてくる。これまでもセールは6月1日に始まっていたが、アリババのECサイト「Tmall(天猫)」はさらに期間を広げ、5月25日から6月20日まで、ほぼ1カ月にわたって実施している。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み