曲面ガラスが印象的…庭に置きたい、小さな丸い小屋

ルミポッド

ルミポッド

Kevin Dolmaire

  • フランスの企業が、森の中に設置した小さなプレハブ小屋を公開した。
  • 簡素ながらも洗練された造りで、サイズは3種類。ガラスの曲線が印象的だ。
  • ルミポッドの1棟目は、アルプスの山中に設置された。アメリカやオーストラリアへの販売も予定されている。

開閉できる曲面ガラス扉で知られるフランスのルミシーン(Lumicene)社が、新製品「ルミポッド(Lumipod)」をアルプスの山中で公開した。

ルミポッドとは、ムダをそぎ落としたキャビンのような構造で、週末に都会の喧騒から逃れたい人を「シンプルに包み込む」。その一棟目は顧客の要望に応じてフレンチアルプスの山中に設置された。風景に溶け込み、180度の視界いっぱいに森が広がっている。この小さな部屋は環境に与える影響も最小限に抑えていて、杭の上に設置されているので「跡形もなく」撤去できる。

ルミシーンでは、ルミポッド以外にも、店舗向けのルミバー(Lumibar)と、プレハブ住宅のルミシェル(Lumishell)を展開している。いずれも曲面ガラスの扉が印象的なデザインだ。

ルミポッドを詳しく見てみよう。

ルミポッドの特徴は、このカーブしたガラスの「ルミシーン扉」だ

ルミポッド

Kevin Dolmaire


扉はレール上に設置されていて、開くとインドアがアウトドアになる

ルミポッド

Kevin Dolmaire



建物の円形構造に回りこむように、扉は180度まで開くことができる

ルミポッド

Lumicene


扉は5メートルほどスライドする

ルミポッド

Lumicene


室内は高級ホテルをイメージしてデザインされた

ルミポッド

Kevin Dolmaire


壁とキャビネットは、天然のオーク材が用いられている

ルミポッド

Kevin Dolmaire


バスルームにはトイレ、シャワー、洗面台がある

ルミポッド

Kevin Dolmaire


タイル貼りで、スペースを有効に活用している

ルミポッド

Kevin Dolmaire


遮光カーテンを閉じてもいいし…

ルミポッド

Kevin Dolmaire


…開いてパノラマの風景を楽しむこともできる

ルミポッド

Kevin Dolmaire


ルミポッドのサイズは3種類。画像は最も小さいタイプで、面積約18平方メートル。最も大きいものは37平方メートル

ルミポッド

Lumicene


画像の外壁は焼板だが、好みに応じてカスタマイズできる

ルミポッド

Kevin Dolmaire


風景に溶け込むデザインなので、もともとそこにあったようにさえ思える

ルミポッド

Kevin Dolmaire


しかも、撤去しても跡を残すことはない

ルミポッド

Kevin Dolmaire


ルミポッドは、工場で製造済みの2つの部材で構成され、2日で組み立てられる

ルミポッド

Kevin Dolmaire


フランスのリヨンで製造され、ヨーロッパであれば4カ月以内に出荷される

ルミポッド

Kevin Dolmaire


将来的にはアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドにも販売する計画だ

ルミポッド

Kevin Dolmaire



[原文:This 193-square-foot prefab 'cocoon' tiny home with a 180-degree window was inspired by luxury hotels and can be put together in 2 days

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み