アメリカで食肉の卸売価格が急騰…飲食店の進むべき道は

5ebae5afe3c3fb1c4c673dca

肉が値上がりしている。

Lucas Jackson/Reuters

  • パンデミックが、アメリカの食肉供給網に大混乱を引き起こし、食料品店飲食店は値上げを余儀なくされている。
  • 牛肉、ハンバーガーのパティ、豚肉の仕入れ価格は、パンデミック前と比べて70%値上がりしたと外食サプライチェーン企業のバイヤーズ・エッジ・プラットフォームは述べている。
  • ニールセンのデータによると、5月の最終週の食料品店での肉の価格は、前年同週と比べて15.6%増だった。

食料品店で肉の価格が上がるにつれて、外食でハンバーガーやステーキを食べる時のコストも上がっている。

コロナウイルスのパンデミックの中で飲食店の食材費が38%も増えている、とバイヤーズ・エッジ・プラットフォーム(Buyers Edge Platform)が報告している。2月と5月に飲食店が支出した13億ドル(約1400億3700万円)を分析した結果で、最もコストが上がっていたのは肉類妥だという。

2月から5月にかけ、標準的な牛の切り身は87%値上がりした。ほかにも、牛ひき肉の生パティは1ケース当たり81%、冷凍の牛パティーは同28%上昇した。鶏むね肉は23%で、豚の切り身は70%も上がった。価格が下がったのはベーコンだけで、13%ダウンだった。

バイヤーズ・エッジCEOのジョン・デイビー(John Davie)はBusiness Insiderに対し、飲食客はもうすぐ、メニュー価格の値上がりを目にすることになるだろう、と述べた。

「一般的に、値上がりが30日以上続くと、飲食店は決断しなければならなくなる」

そして彼は「値上げに踏み切るか、高くなるものはメニューから外すかだ」と続けた。

「例えば、仕入れ価格の上昇によって、ブリスケット(牛ばら肉)をメニューから外したチェーン店もある」

パンデミックがハンバーガーを値上がりさせる

バーコンの植物由来ハンバーガー

植物由来のハンバーガー。カナダ、ウィニペグにあるバーコン(Burcon)社の代替肉たんぱく質研究所で。

Reuters

肉の価格が急騰したのは、従業員がCOVID-19に感染し、アメリカ中の食肉工場が閉鎖を余儀なくされたためだ。アメリカの食肉加工施設関連の感染者は少なくとも2万400人、死者は74人、とMidwest Center for Investigative Reportingは述べている。

買い物客はすでに、肉が高くなっていることに気付いているだろう。ニールセン(Nielsen)のデータでは、5月の最終週、生肉の平均価格は前年同週比で15.6%増になった。

アメリカの農業信用制度(Farm Credit System)の貯蓄貸付組合、コバンク(CoBank)の5月初めのレポートによると、豚肉と牛肉の価格は昨年に比べて20%高くなる可能性がある。エコノミストのウィル・ソーヤー(Will Sawyer)によると、これは異例の値上がりだという。

飲食店や食料品店は、アメリカが景気後退に入りつつあり、消費者のコスト意識がこれまでにないほど高まっている中で、どうすれば利益を出す方法を考えている。

「パンデミック追加料金」を課したことで、反感を買った飲食店もある。牛肉不足に直面したウェンディーズ(Wendy's)は鶏肉のメニューを中心としたマーケティング戦略へと舵を切った。また、植物由来肉のメーカーはこのパンデミックを、売り上げアップのチャンスと見ている

デイビーによると、パンデミックによるこうした変化で、飲食店は、一時的とは言え、単純に価格を上げやすくなる可能性もある、という。

「皮肉なことに、コロナウイルスのパンデミックの結果生じた変化で、実際、飲食店はより大胆な価格設定がしやすくなるかもしれない」とデイビーは述べた。

「飲食店のメニューは(使い回しのプラスティックではなく)紙やデジタルになり、コスト上昇に応じた価格変更も柔軟にできるようになっている」

[原文:Meat costs are soaring during the pandemic, sending prices skyrocketing in grocery stores and on restaurants' menus

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BI PRIME

【GO三浦×郭晃彰】お金よりも大事な、若者だけが持てる「3つの武器」とは?

miura_14_thum

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み