【森本千賀子】「君はプレイヤータイプ」と上司。管理職になれる人・なれない人は何が違う?

サムネイル

撮影:鈴木愛子

Business Insider Japan読者にも多い「30代」は、その後のキャリアを決定づける大切な時期。幸せなキャリアを歩むためには、転職にまつわる古い“常識”にとらわれず、刻々と変化する転職市場のトレンドをアップデートすることが大切です。

この連載では、3万人超の転職希望者と接点を持ってきた“カリスマ転職エージェント”森本千賀子さんに、ぜひ知っておきたいポイントを教えていただきます。

今回は、読者の方からお寄せいただいたご相談にお答えします。テーマは「管理職になれる人となれない人の違い」。

読者からの相談

「管理職はプレイヤーよりも上」とは言えない時代

「管理職になれる人となれない人の違い」についてお話しする前に、少し気にかかったことをお伝えします。

Aさんは、キャリアアップの志向が強いとお見受けしますが、キャリアステージにおいて、「プロジェクトリーダー」や「プロデューサー」よりも「管理職」の方が上であると捉えていらっしゃるのではないでしょうか。

もしそうだとすれば、今後のキャリアの可能性を自ら狭めてしまっているかもしれません。

もちろん、課長→部長→役員といったように管理職としてグレードアップしていくことが「出世」や「バリューアップ(報酬UP)」とされている企業も多数あります。

しかし、時代は変わりつつあります。広く人材市場においては「管理人材」より「プロフェッショナルプレイヤー」が求められる場面も多くなっているのです。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み