BI Daily Newsletter

パタゴニアCEO、退任直前「世界へのメッセージ」。売上高4倍、環境配慮の象徴へと成長させた真のリーダー

ローズ・マーカリオ パタゴニア

パタゴニアの黄金期を築いたローズ・マーカリオ最高経営責任者(CEO)。

PR Newswire/AP

  • パタゴニアのローズ・マーカリオ最高経営責任者(CEO)が退任することが明らかになった。
  • マーカリオはBusiness Insiderの「ビジネスを変える100人」に選ばれた際に寄稿し、サステナビリティ(持続可能性)の実現に向けた取り組みについて、世界の企業が力を合わせ、互いにより大きな努力を求め合う必要があると指摘している。
  • マーカリオによれば、2020年代はどの企業にとっても真の変化を遂げる10年になる。
  • 「世界が向き合う最も大きな課題を解決する、イノベーションとコラボレーションの生まれる日がまもなくやって来る。私たちは最高の時代が目の前に待ち受けているという確信を持たなければならない」

(※以下の寄稿は2019年12月にBusiness Insider英語版に掲載されたものです。マーカリオCEOの退任決定にあたり、新たに訳出・編集しました)

気候変動による危機は、人類にこれまで課されたうちで最も厳しい試練かもしれません。私たちがそれに打ち克つのか、それとも屈するのかは次の10年で決まるでしょう。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)で最近確認されたように、2030年までに温室効果ガスの排出量を激減させない限り、摂氏1.5度以上の気温上昇は避けられません。その結果どんなことが起きるのか想像もつかないし、そうなればもはや取り返しのつかないことになります。

この危機はあまりに巨大すぎて、私たちの誰かひとりが独力で解決するなどできないことは明らかです。

けれども、この2010年代の最後の年になって環境運動が大きな盛り上がりを見せ、世界は力を合わせて危機と戦っていける、そんな希望が生まれてきています。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み