BI Daily Newsletter

ニューヨークやサンフランシスコを捨てた若者たちを今、引きつけている都市トップ10

夜景

Miune/Shutterstock

ニューヨークは魅力を失っているのだろうか?

長い間、若者を引き付けてきたニューヨークは、"住むべき場所"として知られてきた。

ところが、ミレニアル世代の若者が移住する都市を調査した2020年6月のSmartAssetのレポートでは、ニューヨークはトップ25に入らなかった。

このレポートは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が起きる前の、米国勢調査局の2018年の純移住者数のデータをもとにしている。SmartAssetでは、2017年にそれぞれの都市から引っ越した25~39歳の人の数と、その都市に引っ越してきた25~39歳の人の数の差を比較し、ランキングにした。

その結果、ミレニアル世代は主に西部や南部へと向かっていることが分かった。こうした都市の多くは一般的に、サンフランシスコやニューヨークといった伝統的に人気な都市に比べて手頃だ。

ミレニアル世代の若者たちが今、移住している都市トップ10を見ていこう。


10位 コロンバス(オハイオ州)

コロンバス

Checubus/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万445人

流出したミレニアル世代の人数:7712人

純移住者数:2773人


9位 パラダイス(ネバダ州)

パラダイス

Daniel Ramirez/Wikimedia Commons

流入したミレニアル世代の人数:4097人

流出したミレニアル世代の人数:1295人

純移住者数:2802人


8位 フェニックス(アリゾナ州)

フェニックス

Sean Pavone/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万4762人

流出したミレニアル世代の人数:1万1889人

純移住者数:2873人


7位 ナッシュビル(テネシー州)

ナッシュビル

Sean Pavone/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万3027人

流出したミレニアル世代の人数:1万30人

純移住者数:2997人


6位 ヒューストン(テキサス州)

ヒューストン

Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万8548人

流出したミレニアル世代の人数:1万5313人

純移住者数:3235人


5位 シャーロット(ノースカロライナ州)

シャーロット

Sean Pavone/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万3236人

流出したミレニアル世代の人数:9428人

純移住者数:3808人


4位 サンアントニオ(テキサス州)

サンアントニオ

Sean Pavone/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万2406人

流出したミレニアル世代の人数:8220人

純移住者数:4186人


3位 オースティン(テキサス州)

オースティン

f11photo/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万5051人

流出したミレニアル世代の人数:9490人

純移住者数:5561人


2位 デンバー(コロラド州)

デンバー

f11photo/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万7772人

流出したミレニアル世代の人数:1万1531人

純移住者数:6241人


1位 シアトル(ワシントン州)

シアトル

Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:2万6967人

流出したミレニアル世代の人数:1万5683人

純移住者数:1万1284人

[原文:Millennials are abandoning NYC and San Francisco and moving to these 10 cities instead

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み