【よんなな会発起人・脇雅昭3】よんななハウスとオンライン市役所。動けば応じてくれる仲間がいる

脇雅昭

1982年生まれ。東大法科大学院卒業後、総務省に入省。入省後に司法試験に合格。熊本県庁出向後、総務省で人事採用などを担当。2010年によんなな会を発足。2013年から神奈川県庁に出向。

撮影:竹井俊晴

今でこそ「官僚きっての人たらし」と言われる脇雅昭(38)だが、子どもの頃から社交的な性格だったわけではない。

脇は、6人きょうだいの末っ子だ。父親が50歳の時の子どもだという。猛烈な仕事人間だった父親は、自身が40歳になったときに突如スパルタ教育に目覚めて仕事を辞めた。脇は、この父親の影響を強く受けて育つことになる。

実は脇は、幼稚園を「中退」している。商売人だった父親が「幼稚園には月に6000円も払う価値がない。代わりにおまえに6000円払うから、やめたらどうだ」と提案してきたのだという。

その言葉に飛びついた脇は、5歳で幼稚園をやめる。周りには大人しかいなくなり、父親と勉強三昧の日々が続いた。会話する同級生もいないので、団地のおばさんの井戸端会議に首を突っ込み、コミュニケーションの方法を学んだ。

公文の模試では全国2位になるほどの成績だったが、小中学校時代は、周囲から浮いた存在だったという。中学を卒業するまでは、本当に心を許せる友人にも出会えず、孤独な日々を過ごした。

弁護士志望から官僚へ

_IMA5108

撮影:今村拓馬

今のように誰とでもフラットに付き合えるようになったのは、高校に入学してから。話が合う友人ができた脇は、人が変わったように明るく振る舞えるようになる。当時は「お祭り男」と呼ばれていた。

「みんなのために仕事をしたい」という気持ちは、高校時代からあったという。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み