BI Daily Newsletter

自国民を守るために! 裕福な国が新型コロナのワクチンの確保に殺到している…… 貧しい国は待つしかないのか?

↩︎記事に戻る
1 / 5 >

ワクチン

REUTERS/James Akena

裕福な国は、国民のために新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンを確保すべく、何億円ものお金を使っている。つまり、貧しい国はワクチンが手に入るまで裕福な国より数カ月多く待たなければならないかもしれないということだ。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダは、オックスフ…[続きを読む]
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み