AWSとSlackの大型提携は「アマゾンのSlack買収に向けた内情調査」クラウド市場アナリストが指摘

AWS アマゾン クラウド

アマゾンはSlackあるいはZoomの買収を検討していると、アナリストの間でささやかれてきた。

REUTERS/Ivan Alvarado

  • クラウドビジネスで最大シェアを誇るアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が、スラック(Slack)との大型提携を発表した。
  • 以前から、知名度の低いオンライン会議アプリ「チャイム(Chime)」を展開するアマゾンが、同アプリの代わりにスラックかズーム(Zoom)を買収するのではないかとの指摘が、複数のアナリストから出ていた。
  • クラウド市場に詳しいアナリストによると、今回の提携により、アマゾンはスラックの内情をのぞき、買収にふさわしい相手かどうか見きわめるチャンスを得たことになる。

クラウドビジネスに詳しいアナリストのダニエル・ニューマン(フューチュラム・リサーチ)によると、アマゾンとスラックの提携は、アマゾンにとってスラックの内情を知り、買収先としてふさわしいか見きわめる「テストの場」になるという。

AWSとスラックは6月4日に戦略的提携を発表し、スラックがクラウドインフラとしてAWSを利用する一方、アマゾンは全社でスラックをオプション導入することを明らかにした。スラックがAWSを「推奨するクラウドプロバイダー」と明言するのは初めてのことだ。

提携以前から、アナリストの間では、アマゾンが自社製のパッとしないチャットアプリ「チャイム」を見限ってスラックかズームを買収し、リモートワーク需要が増大するなかで顧客獲得に乗り出すとの見方が出ていた。

「スラックの内部事情をより詳しく知る絶好の機会だ。アマゾンのチャイムは浸透していない。スラックは人気のアプリだが、ズームとはまったく方向性が違う。一方、マイクロソフトにはチームズ(Teams)があるし、グーグルも完璧なビデオ会議ツールを持っていて、そのあたりに食い込むのは苦しい。そうした状況を踏まえれば、スラックにAWSというのは可能性を感じる組み合わせだ」(ダニエル・ニューマン)

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み