さよならニューヨーク! 若者たちの"都会離れ"が進んでいる都市ワースト10

マスク姿の女性

Gotham/Getty Images

ミレニアル世代の若者たちの"都会離れ"が加速している。

SmartAssetの最新レポートによると、アメリカではニューヨークやシカゴといった大都市に住んでいる若者たちの流出が進んでいるという。

注目すべきは、これが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)より前の、2018年の国勢調査局のデータに基づいているということだ。SmartAssetでは、それぞれの都市から引っ越した25~39歳の人の数と、その都市に引っ越してきた25~39歳の人の数を比較し、その差(=純移住者数)をもとに都市ランキングを作った。

純移住者数がマイナスの都市は、流入人口を流出人口が上回ったということだ。多くのミレニアル世代の若者たちが主要大都市圏を捨て、南部や西部の比較的手頃な都市へと移動しているようだ。

ミレニアル世代の若者たちの人口が最も減少している都市ワースト10を見ていこう。


10位 ニューオーリンズ(ルイジアナ州)

ニューオーリンズ

Sean Pavone/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:4536人

流出したミレニアル世代の人数:6951人

純移住者数:-2415人

9位 プロボ(ユタ州)

プロボ

BirdofPrey/Getty Images

流入したミレニアル世代の人数:1038人

流出したミレニアル世代の人数:3840人

純移住者数:-2802人

8位 サンディエゴ(カリフォルニア州)

サンディエゴ

Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万6523人

流出したミレニアル世代の人数:1万9528人

純移住者数:-3005人

7位 アナーバー(ミシガン州)

アナーバー

Destination Ann Arbor/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:2225人

流出したミレニアル世代の人数:5360人

純移住者数:-3135人

6位 ボルダー(コロラド州)

ボルダー

Shutterstock/Tang Yan Song

流入したミレニアル世代の人数:1178人

流出したミレニアル世代の人数:4460人

純移住者数:-3282人

5位 マイアミ(フロリダ州)

マイアミ

Courtesy of TripAdvisor

流入したミレニアル世代の人数:2736人

流出したミレニアル世代の人数:6368人

純移住者数:-3632人

4位 セントルイス(ミズーリ州)

セントルイス

f11photo/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:5462人

流出したミレニアル世代の人数:1万328人

純移住者数:-4866人

3位 ワシントンD.C.

ワシントンD.C.

Sean Pavone/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:1万9866人

流出したミレニアル世代の人数:2万5212人

純移住者数:-5346人

2位 シカゴ(イリノイ州)

シカゴ

Sean Pavone/Shutterstock

流入したミレニアル世代の人数:2万6353人

流出したミレニアル世代の人数:3万4292人

純移住者数:-7939人

1位 ニューヨーク(ニューヨーク州)

ニューヨーク

Alexander Spatari/ Getty Images

流入したミレニアル世代の人数:4万8612人

流出したミレニアル世代の人数:9万9057人

純移住者数:-5万445人

[原文:Bye bye, Big Apple: These are the top 10 US cities millennials are fleeing

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BI PRIME

【GO三浦×郭晃彰】お金よりも大事な、若者だけが持てる「3つの武器」とは?

miura_14_thum

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み