【ニューノーマルの時代・山口周】意味のない仕事や会社から解放される時が来た。経済成長という山を登るのをやめよう

山口周

撮影:竹井俊晴

ポストコロナ時代の新たな指針、「ニューノーマル」とは何か。各界の有識者にインタビューをしていくシリーズ。今回は、独立研究者で著作家の山口周さん。

2019年に出版した『ニュータイプの時代』で、自由で直感的でわがまま、好奇心の強い人材をニュータイプと位置付け、これまで社会から否定されてきたニュータイプの思考法こそ、変化の激しい時代には重要だと指摘した。

そして今、コロナ危機によって価値観の変化が加速し、仕事そのものの定義も変わろうとしている。山口さんにこれからの仕事をどう捉えればいいのか聞いた。


——コロナをきっかけに「そもそも仕事とは何か」を考えた人は多いと思います。

例えば、社会に必要不可欠な仕事に従事する人という意味でエッセンシャルワーカーという存在が注目されました。必要不可欠な仕事なのに、総じて低賃金のことが多く、今回感染のリスクにも晒されました。

一方で、高給取りと言われる仕事の多くは、止まってもすぐには影響を及ぼさない。この矛盾に改めて多くの人が気づいたことで、今後、仕事の価値付けや価格設定は変わるでしょうか?

高給取りの仕事というのは、社会人類学者のデヴィッド・グレーバーが言うところの「Bullshit Jobs(クソどうでもいい仕事、意味のない仕事)」ですよね。コンサルタントとかPR 、広告代理店などのことです。僕は思い切り、そのど真ん中を歩いてきたわけだけれども、まあ、なくても困らない仕事です。Bullshit なのにもかかわらず、需要と供給のバランスで決まってしまう市場の原理があるため、なかなか価値を見直されてきませんでした。

市場の原理を思い切り破壊する考え方は共産主義などと批判されてきましたが、コロナによって高給とされる仕事がいかに本質的に価値が薄いか、いよいよ分かってしまった。コロナはいろんな常識がフィクションだったってことを明らかにしています。

quote_NewNormal_.001-1

僕はやはり、最近提唱されている社会民主主義的な方向に世の中はいかざるを得ないだろうと見ています。仕事の価格設定もそこにならうでしょう。なぜならそもそも、もう経済成長はしないから。労働力となる人口は増えないし、環境もこれ以上、成長を許容しない。

格差の構造を明らかにし、『21世紀の資本』を書いたトマ・ピケティも言っていますが、どう考えてもこれ以上の経済成長は無理なんですよ。だけど、一番間違っているのは、それをみんな、「絶望的だ」とか「停滞だ」「衰退だ」と言うことです。僕からすると全く捉え方がおかしい。むしろ、できもしないのに無限の成長や上昇、拡大を求められている社会こそがdespair(絶望的)です。

逆に、僕らは今祝うべきなんですよ。先進国に対して、僕が今一番言いたいのは「僕らは1年間仕事をお休みして、お祝いするぐらいの素晴らしいことを成し遂げたんだ」ということ。「もうこの先はディストピアだ」とかみんな言っているけど、逆ですよと言いたい。 僕なりの表現で言うと「祝祭の高原」にたどり着いたという言葉になります。

高原、旅

今回のコロナの影響を受けて働き方を見直すきっかけができ、仕事を休むことについて考えた人も多いだろう。

Getty Images / RunPhoto

——高原とは?

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み