【最新版】自動運転向け車載コンピューター開発ランキング。テスラ、アップルはエヌビディアに遠く及ばず

Nvidia エヌビディア

ランキング首位のエヌビディア(Nvidia)ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)。

Rick Wilking/Reuters

  • 米調査会社ガイドハウス・インサイツは、自動運転制御用のコンピューター・ハードウェア開発を手がける10社をランクづけした。
  • 各社の戦略とその遂行に関するさまざまな指標、例えば、生産戦略、製品のパフォーマンス、信頼性、品質などから評価した。
  • 首位はエヌビディア(Nvidia)、第2位はクアルコムだった。

ランキングを第10位からみていこう。

【第10位】エーアイモーティブ(AImotive)

5eea450aaee6a86e200c0e44

エーアイモーティブ(AImotive)のテスト車両。

AIMotive

総合:35.6

戦略:38.0

進捗:33.0

AImotive(エーアイモーティブ)は2015年に自動運転システム向けマシンビジョンの開発を開始。その後、自動運転シミュレーションプラットフォームの開発とシステムオンチップ(SoC)に組み込む「aiWare(エーアイウェア)」のIP設計も手がけるようになった。

aiWareは自動運転システムにおけるニューラルネットワーク処理専用のハードウェアアクセラレーターで、消費電力の問題を解決するソリューションとなるよう設計されている。

AImotive自身は半導体製造能力を有しない(IPデザインまでの)小さな会社だが、aiWareアクセラレーターが必要とされる性能を満たす限り、そのライセンス提供によるビジネスモデルは成功をおさめる可能性が高い。

性能はきわめて高く、4TOPS(毎秒4兆回)の演算処理をわずか1ワットの消費電力で実現可能。より多くのコアプロセッサを組み合わせることで、1秒間に16兆回(16TOPS)までスケールアップが可能だ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み