BI Daily Newsletter

忖度ばかりの学校現場、教師が激白「オンライン導入は永遠に潰され続ける」

ICT3

Shutterstock

教育現場でのICT化が遅れている日本。新型コロナによる休校が続いていた3~5月、私立の学校や学習塾では、オンラインを活用した学習支援に取り組む先進例が次々に現れたが、公立学校の動きは鈍かった。

文部科学省の発表では、公立の小中学校などで「同時双方向型のオンライン指導を通じた家庭学習」を実施したのはわずか5%(4月16日現在)。

もちろん、そんな中でも新しい取り組みを始めた公立学校の教員たちもいた。オンラインで子どもたちをつなぐ「オンライン朝の会」に取り組む学校が現れ、「うちの学校でも挑戦したい」と考えた先生たちもいた。

しかし、実際にオンライン朝の会を実施できた例は少ない。

「他の学校がやっていないのに、うちだけやっていいのか——」。

率先して新たな取り組みを行おうとした教員たちを阻んだのは、教育現場を覆っている、そんな「横並び」意識だ。

文科省に「忖度」する教育委員会

_IMA5265a

現場の先生の中には「校長は教育委員会や文科省ばかり見ている」と話す人もいる。

撮影:今村拓馬

関東の公立校に勤める40代の男性教諭・中嶋さん(仮名)は、オンラインでの朝の会を企画したものの、思わぬ壁にぶち当たることになる。

新型コロナによる休校が始まってから、中嶋さんらは学校にある備品を確認。ウェブカメラでオンライン会議ツール「Zoom」をつなぎ、子どもたちの顔が見られる朝の会を実現できることが分かり、準備を進めた。

職員同士で何度も練習。すでに校長の許可は取っていたが、ようやく実施という時に、教育委員会にも説明をした。

ところがここで、意外な反応が返ってくる。

「教育委員会に相談すると、『一校だけ先行するのはよくない』と言われました。文部科学省の方針を気にしてのことだと思います」

文科省では、「GIGAスクール構想」に基づき、1人1台のパソコン整備などICT化を推し進めている。

「パソコン配備が完了する前の段階で、各校が独自に行動することで、教育委員会としては『文科省の方針から外れるのではないか』と心配しているのだと思います。



この時期は、別の学校の教員仲間とよく情報交換していたのですが、校長や学年主任からストップさせられる学校も多かったのが実情です」

別の学校の教員仲間には、オンライン朝の会を企画していたものの、ある日突然、学校ではZoomに接続できなくなっていたという。学校側が、Zoomを接続できない設定に変更した可能性が考えられるという。

「なんでうちの学校はやらないの」

_IMA0083

オンライン朝の会の実施には、校長や教育委員会からの理解を得るのに高いハードルがあったという。(写真はイメージです)。

撮影:今村拓馬

教育委員会からの許可を得られなかったものの、中嶋さんの学校では、独自判断でオンライン朝の会を実施。参加した子供や保護者からは好評を得たものの、また別の問題も持ち上がった。

「同じ市内の学校の保護者から、『あそこの学校はオンラインで朝の会をやっているのに、なんでうちの学校はやらないのか』という問い合わせの電話が、市の教育委員会にあったようです。
教育委員会からうちの校長に連絡が来たことで、学校独自で実施したオンライン朝の会は、続けることが難しくなってしまいました」

保護者の声を意識しすぎる教育現場のあり方も、現場の教師を委縮させているという。

「電話した保護者の方は、オンライン朝の会を止めさせようとしたわけではないかもしれません。

ただ、結果的には、うちの学校でも朝の会はできなくなりました。

保護者や地域の方は、学校独自のやり方を認め、応援してほしい」

「夢を語れない」先生たち

1_MG_4259

取材に応じた中嶋さん(仮名)は「先生たちがやりたいと思っても、すべて潰されてしまう」と静かに語った(写真はイメージです)。

撮影:今村拓馬

中嶋さんの学校では、5月中旬から登校が再開されたが、今後予測される第二波への対応を進めなくてはいけない。

ただ中嶋さんは、新しい取り組みが全く受け入れられない閉塞感を感じているという。

「これから運動会や課外活動もありますが、『こんな形なら実施できる』とアイデアを思いついても、きっと受け入れられないと思います。

金太郎アメのような、画一的な対応しかできないんです。
『自分がやりたい』というのが、一番のエネルギーだと思うのですが、先生たちは今、夢を語れません。先生たちが何かしたいと言っても、永遠につぶされ続けてしまいます」

「とにかく横並び」の教育現場

shutterstock_1274685787

学校現場でICT化進まない原因の一つに、強すぎる「横並び意識」がある。

shutterstock

神奈川県内の公立中学校に勤める40代の女性教諭・柴田さん(仮名)も、休校期間中に提案し続けていたオンラインを活用した学習支援は、結局、許可されなかった。

「コロナの対応を通じて、学校という組織は日本社会の縮図だと感じました。とにかく横並びであることを重視し、ちょっとでもはみ出すと不寛容になり、挑戦はさせてもらえません」

柴田さんがオンラインでの朝の会や学習支援を訴えても、校長からは実施できない理由ばかりを指摘された。

「『すべての家庭でネット環境が整っていない中では、不平等だからOKできない』と言われました。
教育委員会からは、『オンラインで生徒の顔を映すのはどうなのか』、『Zoomのセキュリティーはどうなのか』と言われました。

リスクを挙げるだけなら、いくらでもできます。子どもたちのニーズではなく、上の顔色ばかり見ていると感じました」

自宅待機で募るもどかしさ

_L6C6563(1)

取材に応じた柴田さん(仮名)は、「自宅待機中にもっとできることがあった」と話す。

撮影:今村拓馬

現場の教員たちもICTを使った新しい取り組みに関して、萎縮したり、無関心になったりしているという。

「休校中は職員も自宅待機だったので、オンライン授業などに対応する時間はありました。
でも、同僚の先生たちからは『上からやれと言われるまではやらなくていいでしょ』、『Zoomはやったことないから怖い』と言われたこともありました」

生徒が通う塾では、学校が休校中、オンライン授業に切り替えたところもあったが、柴田さんの中学校では、課題の指示を出すことしかできなかった。

「保護者からは、学校は何もしてくれないと思われていたと思います。

子どもの安全や安心を確保するためには、2週間に1度の電話連絡だけでは足りないと、私も思っていました。

ICTを活用すれば、クラスの仲間と顔を見ながら話したり、勉強でわからないところを質問したりする機会を提供できたはずなのに。ほとんど何もできなくて、もどかしい思いしかありません」

先生の思いは「小さな灯」

_L6A5369

撮影:今村拓馬

新型コロナがあぶり出した教育のICT化の遅れ。教育現場にも「新しい生活様式」への対応は急務であり、ICT化が求められる局面は続く。

そんな非常事態で求められるのは、現場レベルでの柔軟な対応だが、強すぎる「横並び意識」が、現場の先生たちの思いを阻んでいる。

前出の男性教諭・中嶋さんは「これだけは知っておいてほしい」という。

「子どものために『こんなことをしたい』という先生たちの思いを、消さないでほしいです。

ちょっとでも批判された瞬間に、その火はあっという間に消えてしまうような、小さな灯なんです」

(文・横山耕太郎)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み