旅行大手HIS、上半期決算「打つ手なし」の売上高300億円減。市場回復は来春以降、国内旅行シフトへ

prime_HIS20202Q_top

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)は新型コロナの影響からの復活戦略として、当面の間は国内旅行にフォーカスして営業体制を強化するという。

Screenshot of H.I.S. website

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)が6月24日、2020年10月期の上半期(11月1日〜4月30日)決算を発表した。決算説明資料を使って、以下にそのポイントを端的にまとめた。

売上高は3444億円(前期差-334億円)、営業利益は14億円の赤字(前期差-104億円)、純利益も34億円の赤字(前期差-84億円)。深刻な数字が並んだ。

prime_HIS20202Q_1

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

不振の要因はほぼ「HIS本体の旅行事業」。売上高で372億円減少、営業利益で78億円の減少。

prime_HIS20202Q_2

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

事業規模が大きく、なおかつ新型コロナの影響が大きかったのも本体の旅行事業。

prime_HIS20202Q_3

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

ハウステンボスグループも売上高で38億円減少、営業利益は31億円減少。約2週間の臨時休園とその後の需要減で、入場者数は前期比2割減の104万人に。

prime_HIS20202Q_4

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

2020年10月期の連結業績予想を「未定」に。

prime_HIS20202Q_5

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

資金残高は前期のほぼ半分まで減少。人件費、設備投資などを見直し、大手銀行からの融資枠(コミットメントライン)を330億円確保。

prime_HIS20202Q_6

メジャー銀行からのコミットメントラインは別スライドに記載されていた。

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

旅行市場の回復見通しについては、国連世界観光機関が発表している3つのシナリオをおさらいするにとどまった。

prime_HIS20202Q_7

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

回復戦略として、海外事業のリソースを国内旅行事業にシフトすると明言。

prime_HIS20202Q_8

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

国内旅行の売り上げを1.5倍にするという。

prime_HIS20202Q_9

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

「変なホテル」などホテル事業は「5月と比較し増加傾向」で、本格的に戻るのは「来春を想定」。

prime_HIS20202Q_10

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

ちなみに、6月22日に西新宿から神谷町へと本社を「移転拡張」済み。結果論だが、厳しいタイミングとなった。

prime_HIS20202Q_11

出典:エイチ・アイ・エス 2020年10月期 第2四半期 決算説明会資料

(文・川村力)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み