「5年後、テスラの利益はウーバーの2倍に」モルガン・スタンレーは1兆4000億円規模を予想

イーロン・マスク テスラ

株価、業績とも絶好調。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)。

Apu Gomes/Getty Images

  • 米金融大手モルガン・スタンレーは、テスラが5年間で大きく業績を伸ばし、EBITDAで1兆円を超える成長を遂げるとみている。
  • ウーバーも黒字転換を果たすものの、テスラの業績には遠く及ばない。

モルガン・スタンレーはクライアント向けのレポート(6月22日付)で、電気自動車大手テスラの利益が、2025年には配車サービス大手ウーバーの2倍近くなるとの予測を明らかにした。

同予測によれば、テスラのEBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)は2019年に30億ドル(約3300億円)だったが、2025年には125億ドル(約1兆3750億円)に跳ね上がる

一方、ウーバーは2019年に27億ドル(約2970億円)の赤字で、2025年には黒字転換するものの、規模は64億ドル(約7040億円)でテスラの半分程度にとどまるという。

なお、モルガン・スタンレーは、両社のEBITDAマージン(=売上高に占めるEBITDAの割合)については予測を発表していない。

両社の株価を比較すると、投資家たちはウーバーよりテスラの未来のほうが明るいとみている模様だ(6月23日時点のテスラ株価は1000ドル、ウーバー株価は33ドル)。

ただし、モルガン・スタンレーはテスラの目標株価を650ドルに設定しており、投資家のテスラへの期待は過剰だとして、以下のように警鐘を鳴らす。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

ユニクロ

銀座ユニクロトウキョウで浮き彫り、ユニクロに起きているある変化

  • 松下久美 [ファッションビジネス・ジャーナリスト、クミコム代表]
  • Jul. 08, 2020, 05:00 AM
  • 26,333

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み