イギリス人の57%は「EU加盟国でいたい」 —— 最新世論調査

ボリス・ジョンソン

イギリスのジョンソン首相。

Getty

  • 欧州社会調査(ESS)の最新の世論調査によると、イギリスのEU(欧州連合)離脱を支持するイギリス人は35%で、EUに再加盟したいというイギリス人は57%だった。
  • 2016年の調査では、EUにとどまるべきと答えたのは48%だった。
  • 調査の結果、ヨーロッパ各地でEU加盟への支持が高まっている。

イギリス国民の間で、イギリスのEU(欧州連合)加盟を支持する人が増えていることが最新調査で分かった。

欧州社会調査(ESS)が隔年で実施している調査によると、EUに対する支持がイギリスを含むヨーロッパ各地で高まっているという。

2019年に実施され、2020年6月下旬に結果が公表されたこの調査では、イギリス人の57%がイギリスのEU残留を支持すると答えた。2018年の調査では50%だった。

一方、EU離脱を支持する人は35%と、2016年の52%から減った。

イギリスでは今から4年前の2016年に国民投票が行われ、EU離脱が決まった。

調査結果

European Social Survey

現在は移行期間にあるため、貿易や税関のルールはそのままだ。

イギリスのジョンソン政権は、EUと新たな貿易協定で合意できるかどうかにかかわらず、移行期間が終わる2020年末までにEUを離脱する考えを強調している。

ただ、イギリスのEU再加盟は現実的でない。

ヨーロッパ各地でEU加盟への支持が高まっている

ジョンソン首相

Nicolas Economou/NurPhoto via Getty Images

イギリスのEU離脱がヨーロッパの"反EU"の波を引き起こすのではないかとの見方もあるが、同調査では、ヨーロッパ各地でEU加盟への支持が高まっていることも分かった。調査が行われた全ての国で、EU加盟への支持が増えている。

フィンランドでは12%、チェコでは11%、それぞれEU加盟への支持が増えた。イギリスでは前回の調査から7%上昇している。

[原文:Support for Brexit is collapsing as poll finds big majority of British people want to be in the EU

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み