【音声付・入山章栄】差別は「認知の限界」が起こす悲劇。多様性だけでは「無意識の偏見」排除できない

経営理論でイシューを語ろう

撮影:今村拓馬、イラスト: Hiroshi Watanabe / Getty Images

企業やビジネスパーソンが抱える課題の論点を、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にして整理するこの連載。不確実性高まる今の時代、「正解がない」中でも意思決定するための拠りどころとなる「思考の軸」を、あなたも一緒に磨いてみませんか?

参考図書は昨年末に発売されて瞬く間にベストセラーになった入山先生の『世界標準の経営理論』。ただし本を手にしなくても、この連載は気軽に読めるようになっています。

今回は、アメリカから世界に広がったBLM(Black Lives Matter)運動の話題を取り上げます。この議論はラジオ形式収録した音声でも聴けますので、そちらも併せてお楽しみください。

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:11分53秒)※クリックすると音声が流れます

白人の若者も声を上げるBLM

こんにちは、入山章栄です。

少し前から、BLM(Black Lives Matter)という人種差別反対運動が世界的な盛り上がりを見せています。アメリカでは亡くなった方の名前をとって「ジョージ・フロイド問題」と呼ばれていますが、今回はこのイシューについて、経営学を思考の軸にして考えてみましょう。

BLMという人種差別反対運動そのものが生まれたのは2013年のことです。しかし、その名が世界的に知られるようになったのは2020年5月にアメリカのミネソタ州ミネアポリスで、黒人のジョージ・フロイド氏が白人警官に首を膝で押さえつけられ窒息死した事件がきっかけでした。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み