「投資の神様・バフェットの所有する銘柄は、パンデミック下では最善とは言えない」投資情報番組のホストが指摘

ウォーレン・バフェット

バークシャー・ハサウェイのCEO、ウォーレン・バフェット。

REUTERS/Rick Wilking

  • ウォーレン・バフェット率いるバークシャーハサウェイは、適切な株式を保有していないと、CNBCの番組「マッドマネー」のホスト、ジム・クレイマーは言った
  • 億万長者の投資会社は、コカ・コーラ、ウェルズ・ファーゴ銀行、バンク・オブ・アメリカなど、2020年は市場に遅れをとっている企業の株式を所有しているという。
  • 「私は偉大なる人物の逆に賭けるつもりはない。しかし、そのポートフォリオは偉大なポートフォリオとは言えない」とクレイマーは言った。

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)が率いるバークシャーハサウェイ(Berkshire Hathaway)の保有銘柄はコロナウイルスのパンデミック下では間違っている、とCNBCの投資情報番組「マッドマネー」のホストであるジム・クレイマー(Jim Cramer)は6月30日に言った。2020年の投資パフォーマンスが悪かったこの投資会社についての質問に答えて述べたものだ。

第2四半期のバークシャーの株価は横ばいだったが、株式指数のS&P500は約20%急騰し、1998年以来の最大の上昇となった

クレイマーによると、バークシャー社が大量保有する株式のいくつかは、パンデミックの最中にはあまり印象に残らなかったという。コカ・コーラは「まあまあ」で、ウェルズ・ファーゴは「大きな失望」だった。

「バークシャーにとってすばらしい時になるとは思えない」と元ヘッジファンド・マネージャーのクレイマーは述べた。

「私は偉大な人物の逆には賭けたくない。しかし、このポートフォリオは偉大なポートフォリオではない」

番組の中でクレイマーは、ズーム(Zoom)、ペイパル(PayPal)、ネットフリックス(Netflix)、ショッピファイ(Shopify)、エッツィー(Etsy)などがロックダウンの勝者だと強調した。

しかし、バークシャーのポートフォリオはテクノロジーよりも金融サービスに重点を置いている。バンク・オブ・アメリカ、アメリカン・エキスプレス、JPモルガン・チェースなどの主要な保有銘柄は、今年は市場に遅れをとっている。

バフェットは、この事実にもかかわらず、戦略を大きく変えることはないだろうとクレイマーは述べている。クレイマーはバフェットが株式を頻繁に売買することを嫌っているのに触れ、「彼は税金のことをとても気にしているので、ポートフォリオを変更するつもりはないだろう」と述べた。

しかし、クレイマーはバークシャーが最も多く持っている銘柄、つまり6月に史上最高値を記録したハイテク株を高く評価した。

「彼はアップル(Apple)を買った。それは正しい」


バークシャー・ハサウェイの株価の推移。

バークシャー・ハサウェイの株価の推移。

Markets Insider


[原文:Warren Buffett's Berkshire Hathaway owns the wrong stocks for the pandemic, Jim Cramer says

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み