INSIDER PICKS

第7世代iPadを「Surface化」するタッチパッド付きキーボード「COMBO TOUCH」を試す

ipadcombokeyboard-9

ロジクール「COMBO TOUCH」を装着した第7世代iPad。付属の保護カバーで背面にキックスタンドがつくため、見た目はSurface風だ。

撮影:伊藤有

iPadをノートPCのように使いたい人にとっては、タッチパッド(トラックパッド)付きiPadはベストな選択肢の1つ。ただ、タッチパッド付きキーボードを用意しているのは、iPad Proのみ。それも、価格3万円を超える「Magic Keyboard」を選ぶしかなかった……これまでは。

そんななか、Magic Keyboardが用意されない指紋認証(Touch ID付き)iPadで、タッチパッド機能付きキーボードを実現できる製品が7月30日に登場する。ロジクールの新製品「COMBO TOUCH」だ。

発売前の先行レビューという形になるが、冒頭から一言でいってしまうと、これはなかなか良くできた製品だ。

Touch ID付きiPadをSurface化する社外キーボード

ipadcombokeyboard-1

COMBO TOUCHの外観。第7世代iPad向けと第3世代iPad Airなど向けの2製品がある。今回は第7世代向けを試用した。

撮影:伊藤有

COMBO TOUCHは、iPad本体の保護カバーとキーボードがセットになった製品。なくしやすいApple Pencilを差しておけるペンホルダーも付いている。

見た目は同じだが対応機種によって型番が違い、

型番iK1057BK(予想実売価格2万円):

  • 第7世代iPad(いわゆる、一番安価な現行モデル)

型番:iK1093BK(予想実売価格:2万円)

  • 第3世代iPad Air
  • iPad Pro 10.5インチ

という2製品がある。

COMBO TOUCHには、これまでの社外品のキーボードとは大きく異なる点がある。iPadとの接続が一般的なBluetoothではなく、iPadの専用コネクター「Smart Connector(スマートコネクター)」なのだ。

これによってキーボード側のバッテリーが切れる心配がなく、動作に充電は不要。iPadとの接続は純正Smart Keyboardと同様、磁石で吸着しているだけなので着脱も容易だ。キーボードの質感は非常に高く、安物っぽさはまったくない(価格2万円の製品だから、そうでないと困る)。

キーボードのタッチにはかなりこだわりのある自分としても、開封してパタパタと叩いてみたレベルでもこれは期待できそうだ、という雰囲気だった。

COMBO TOUCHの付属品一覧

COMBO TOUCHの付属品一覧。

撮影:伊藤有

ipadcombokeyboard-15

こんな風にキーボードと保護ケースは別々に使うことができる。

撮影:伊藤有

Magic Keyboard、Surfaceキーボードと比較

ipadcombokeyboard-24-1

iPad ProのMagicKeyboard(右)との比較。タッチパッドの奥行きがより広いことがわかる。

撮影:伊藤有

IMG_7296

Surface Pro7のキーボードと比較。タッチパッドのサイズはこちらの方が近い。

撮影:伊藤有

COMBO TOUCHのタッチパッドのサイズや配列は「競合」とどれくらい違うのか、実物を比較してみた。

キー配列は見てのとおり、英語配列。@マークの位置などが日本語配列とは異なる。

気になるタッチパッドのサイズは、Magic Keyboard(iPad Pro11インチモデル)との比較では幅はほぼ同じ、奥行き方向が少し広い。

一方、iPadを購入するときの「競合」ともいえるSurfaceとの比較では、全般的にSurfaceのほうがゆったりしていることがわかる。画面サイズがSurfaceのほう大きいため、保護カバーとしての意味もあるキーボード配置に余裕があるためだろう。

質感良好、タッチ良し。キーボードバックライトも光る

ipadcombokeyboard-14

キーボードの配列はこのように英語配列。左下の地球マークのキーを押すと、入力する文字を日本語から英語などに切り替えられる。

撮影:伊藤有

COMBO TOUCHキーボードを第7世代iPadにつないでみた。

これまでマウスやMagic Trackpadを接続することでしか使えなかった第7世代iPadのカーソル操作が、キーボード付属のタッチパッドでもきちんと動くのは(同じiPadOSなので当たり前ではあるけれど)新鮮だ。

しかも、写真ではわかりづらいがキーボードバックライトも点灯する。

タッチパッドのクリック感はこの3枚の比較では、意外なことに一番「静か」で、押した感触は同等レベル。このクラスとしてはタッチパッドが十分に広いこともあり、非常に使いやすい。

ipadcombokeyboard-6

パームレストなどキー以外の部分はファブリック調の素材だが、Surfaceキーボードのように実は硬め。思ったよりも「布っぽさ」はない。

撮影:伊藤有

また一般的なキーボードでファンクションキーにあたる最上段は、ショートカットキーになっていて、次のような操作ができる

  • ホームボタン
  • 画面の輝度調整
  • ソフトウェアキーボードの表示
  • 検索
  • キーボードバックライトの照度変更
  • 音楽などの再生操作
  • ボリュームの増減、ミュート
  • 画面ロック

列挙した通り、純正キーボードかと思うほどの充実ぶりで、ノートPC的に使う際の実用性もしっかりとある。

気になるキーストローク(押すときの深さ)は、体感ではMagic Keyboardとほぼ同じ。一方、Surfaceと比較すると、Surfaceの方がよりストロークが深い。とはいえこの違いは「好み」で済むレベルだ。

キータッチは、SurfaceよりもMagic Keyboardに近く、長文入力でも非常に快適だった。キーボードのタッチにはかなりうるさい自分の目線からみても、英語配列であること以外、この品質で問題を感じると人はあまりいないだろう。

重量:キーボード310g、保護ケース310g

IMG_7976

キーボード部分単体の重量。実測310gとなかなかずっしりとしている。

撮影:伊藤有

保護ケースもほぼ同じ重量。

保護ケースもほぼ同じ重量。

撮影:伊藤有

というところで、シンプルに絶賛的な書き方になってしまったが、重量についても触れておきたい。

この手のしっかりした外付けキーボードの宿命として、重さはそれなりにある。

実測で、キーボード、保護ケースともに約310g。つまり、装着状態の重量はiPad+約620gだ(ちなみに11インチiPad Pro用のMagic Keyboardは実測590gほどだから、それより重いことになる)。

第7世代iPadの場合、本体重量は約483gだから、フル装着時の重量は約1.1キロになる。また、キックスタンドがあるため厚みもそれなりにある。

重量と配列さえ気にならなければメリットは多い

ipadcombokeyboard-21

側面から見ると、比較的ぼてっとした厚みがある。厚さ20ミリは切るものの、分厚くなった感はある。

撮影:伊藤有

トータル評価として、COMBO TOUCHは非常によくできたサードパーティー製キーボードだ。

ネガ要素をあげるとすれば、重さとキー配列の問題だろう。カバンの中でもホルダーからApple Pencilが抜けないようなぴったりした設計、無段階で止められる背面のキックスタンド、頑丈な保護ケースというメリットがある一方、決して軽くはない。

ipadcombokeyboard-23

ラバー風の質感のペンホルダーはかなりしっかりとApple Pencilをホールドするので、カバンの中に乱暴に放り込んでも外れたりはしなさそうだ。

撮影:伊藤有

ただ、保護ケースはキーボードとは独立して外せる点は、軽量にこだわりたい人によっては救いになるかもしれない。軽量なiPadカバーの背面に貼り付け型のスタンドをつけるなど、いくつか工夫のしようはありそうだ。

一方、キー配列は慣れるしかないので、英語配列がどうしてもダメだという人には、明確におすすめしない(自分の場合、PCの日本語配列と英語配列の外付けキーボードを気分次第で使い分けていた時期があったので、すぐ慣れてしまったが……)。

とはいえ、最近のTouch ID搭載iPadを使い続けているユーザーにとっては、使う時のメリットのほうがずっと大きい。Touch ID搭載iPadをSurfaceやiPad Proのように使いたい人なら、満足感の高い買い物になるはずだ。

(文・伊藤有

注:この記事では、Business Insider Japan編集部がお勧めの製品を紹介しています。リンクを経由して契約すると、編集部と各事業者とのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み