【ニューノーマルの時代・日立CHRO中畑英信】在宅ワークがジョブ型への移行を加速させる。人材先進企業の抱く危機感

newnormal.001

ポストコロナの時代の新たな指針、「ニューノーマル」とは何か。各界の有識者にインタビューをしていくシリーズ。今回訪ねたのは、日立製作所で大胆な人事制度改革の指揮をとる、CHRO(最高人事責任者)の執行役専務、中畑英信氏だ。

日立は人事戦略で「日本の大企業としては異例」と言われる、大きな変革に挑んでいる。終身雇用や年功序列といった日本固有の働き方を終わらせ、2024年度中にはグローバル基準のジョブ型へと完全移行する方針だ。

すでに資生堂やKDDI、富士通などが取り入れつつあるジョブ型は、まだ日本企業では一部の導入にとどまるものの「やがて他の会社もついてくる」と、中畑氏は見据える。その理由とは。

大きな変化の時代を迎えた日本企業とその雇用に、何が起きているのか。


——国内企業でいち早く、ジョブ型(※)へと舵を切った背景には、過去の大きな赤字転落からの再建という側面があります。

日立製作所の働き方の改革は、実は10年前からやっています。

2008年度に大きな赤字を出して(国内製造業で過去最大となる、7873億円の最終赤字を計上)、川村隆・元会長兼社長(前東京ホールディングス会長)、中西宏明会長(現職、日本経団連会長)が経営陣に就任しました。その時点で事業を大きく変えなくてはならなかったのです。

それまでは製品、システムをきちっと作ってお客様にお納めすれば、生き残れる時代でした。日本がGDP(国内総生産)で世界ナンバー2となった、1980年代まではそれでよかった。クライアントも大きな会社で、やるべきことは明確でした。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み