BI Daily Newsletter

感染者数はロシアを抜いて世界第3位に…… インドで新型コロナウイルスの感染が拡大している


検温

Satyabrata Tripathy/Hindustan Times/Getty

  • インドでは、週末にかけて数万人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。感染者数の合計はロシアを抜き、世界で3番目に多くなった。
  • 3月から5月にかけて厳しいロックダウン(都市封鎖)を実施したにもかかわらず、インドではこれまでに70万人近くが感染している。
  • 検査数の少なさ、人口13億人のソーシャルディスタンスの確保を妨げる外的要因がその原因と考えられていて、一部の都市は再度ロックダウンを実施する準備をしている。

Worldometer のデータによると、インドでは7月5日(現地時間)、2万4000人近い新型コロナウイルスへの新規感染が確認され、感染者数の合計は69万7836人に達した。

前日の4日には、2万4015人の新規感染が確認されたばかりだった。感染者数の合計はロシアの68万1251人を抜いて、アメリカ、ブラジルに次いで世界で3番目に多くなった。

BBCによると、首都ニューデリーで最も感染者数が増えている。検査数が少なく、接触者の追跡も不十分であることがその原因だという。BBCは先週、ニューデリーの新型コロナウイルスの感染者数は約8万人と、インドで最も多くなっていると報じた。

インドはその感染者数でロシアを上回っただけでなく、死亡者数も約2倍となっている。Worldometerのデータによると、ロシアの死亡者数は1万161人で、インドの死亡者数は1万9700人だ。

インドはなぜウイルスをコントロールできなかったのか

ガーディアンによると、それは努力が足りないせいではないという。モディ首相は厳しいロックダウンを導入し、3月にロックダウンが始まって以来、一貫してソーシャルディスタンスの確保を訴えてきた。しかし、5月末に2カ月に及ぶロックダウンが明けた時、インドでは感染拡大カーブが平坦化していなかったと、ワシントン・ポストは報じた。

NPRによると、モディ首相は再度、国全体でロックダウンを実施することには否定的だ。ただ、一部の都市は10日間のロックダウンを再び実施する準備をしている。インディア・トゥデイは、ムンバイ周辺の都市がもう一度ロックダウンを課すと報じている(ただし、労働者とエッセンシャルサービスを除く)。

インドは人口13億人を超える、世界で最も人口の多い国の1つだ。ガーディアンが報じたように、一部地域では「1つの検査ラボで人口3000万人を担当」していて、検査施設が需要に応えきれない状況がある。

また、AP通信によると、新型コロナウイルスと戦うインドは猛暑にも苦しめられていて、住民は"ステイホーム"もままならず、危機をさらに悪化させているという。ニューデリーでは気温が49度近くまで上がっていて、マスクを着用するのも困難で、ソーシャルディスタンスを確保するのも難しくなっている。

感染者数が大幅に増えているにもかかわらず、7月1日のプレスリリースによると、アメリカのユナイテッド航空はニューデリーとニューアーク、サンフランシスコ間のフライトを再開させたい考えだ。インド政府の規制を受け、乗客はインドへ飛ぶことはできないが、ユナイテッド航空は7月半ばからニューデリーからニューアークへ向かうフライトを運航すると、インディアン・エクスプレス紙は報じている。

[原文:India just surpassed Russia to become the country with the 3rd-highest number of coronavirus infections

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み