プロ棋士、東大大学院生、自動運転ベンチャーのエンジニア。僕が3つの道を歩む理由

プロ棋士の谷合廣紀さん(26歳)

谷合廣紀さん(26)。プロ棋士でありながら、東大大学院生、パートタイムエンジニアなど、複数のキャリアを実践している。

撮影:松元順子

近年、ミレニアル世代を中心に複数のキャリアを同時に歩む生き方が注目を集めている。新型コロナウイルスによって、キャリア面でのリスクを分散したいという思いからも、副業やパラレルキャリアへの関心はますます高まっている。

プロ棋士の谷合廣紀さん(26)も複数のキャリアをもつ1人だ。プロ棋士として活動するだけでなく、現在、東京大学大学院の博士課程に在籍し、人工知能(AI)を研究。さらに自動運転ベンチャー「ティアフォー」のエンジニアとして勤務している。

朝6時から将棋を指して塾へ

中学1年で棋士養成機関「奨励会」に入会。高校3年で三段に昇段した。三段になると年2回のリーグ戦に参加でき、上位2人のみが四段に昇段しプロ棋士になれる。谷合さんは2020年4月に26歳の年齢制限ぎりぎりで四段に昇段。長年の努力が結実し、晴れてプロ棋士の仲間入りを果たした。

将棋界では、大学に進学せず将棋に専念する人も多い。しかし、谷合さんは東大を受験する道を選び合格した。

高校3年時はほとんどの時間を受験勉強に費やし、将棋は対局前日に指して調整した。夏季講習期間などは生活習慣を整えるため、朝6時に将棋仲間とネットで将棋を指してから塾に通う日々だった。

「将棋は厳しい世界なので、『将棋1本に絞りなさい』という考えの師匠もいる中、私の師匠は自由にやらせてくれました。今所属する研究室の先生も、将棋と研究の両立に理解を示してくれています。いまの自分があるのも周りの環境に恵まれたおかげだと感じています」

大学院で情報理工学を学ぶ谷合さんは、「最初は機械学習に興味があった」という。世界最大規模の機械学習コンペティションプラットフォーム「Kaggle(カグル)」に何度か参加するうちに自動運転分野への関心が高まっていった。

2019年に経済産業省主催の「AIエッジコンテスト」で2位入賞を果たしたことで、「自動運転AIチャレンジ」に出場。優勝したのを機に、ティアフォーからスカウトされた。

学びながら収入得られるのはありがたい

e-Palette

谷合さんが働くティアフォーは、トヨタの東京五輪向け自動運転バス「e-Palette(イーパレット)」に自動運転技術を提供している。

トヨタホームページより

同社は、自動運転用のオープンソースソフトウェア「Autoware(オートウェア)」を開発しているベンチャー。トヨタの東京オリンピック向け自動運転バス「e-Palette(イーパレット)」に自動運転技術を提供している。谷合さんはパートタイムエンジニアとして、車載画像認識のアルゴリズム開発に携わっている。

「自由度が高く、自分のアイデアを聞いてもらえる環境なのでやりがいがあります。学びながら、収入を得られるのもありがたい。自動運転は今後が楽しみな注目分野なので、自身の経験を活かして少しでも貢献していけたらと思っています」

また、将棋は個人プレーだが、エンジニアの仕事はチームプレーを求められることも多い。

「ひとつのプロダクトをつくりあげる上でチーム連携の大切さを学びました」

同社の創業者兼CTOの加藤真平氏は、こう話す。

「『自動運転AIチャレンジ』での優勝を含め、東大という日本トップの大学に通いながら、新しいことにチャレンジする姿勢が素晴らしい。谷合君は直面している問題を伝えるだけで、問題の本質を見抜き、解決手法の提案から評価までを自然とやってくれます。基礎知識がしっかりしていることに加え、全体を俯瞰して最適な技術を構築できるエンジニアです」

さらに加藤氏は、複数キャリアをもつ人材が在籍することは、企業側にとってもメリットがあるという。

「さまざまな経験や価値観を持った人材が集まると、スキルや知識の幅が広がるだけでなく、視野も広がり、新たなニーズやビジネスチャンスを見出すことができます。多彩なバックグラウンドの仲間たちと働くことで、私も日々たくさんの刺激をもらっています」

他の仕事を持つことは精神の安定につながる

将棋

将棋の対局以外の時間に何をするか、高校時代から考えていたと谷合さんは言う(写真はイメージです)。

Getty Images/yuhorakushin

そもそも谷合さんはなぜ3つのキャリアを同時に歩もうと思ったのか。

「将棋は多くて年に5、60局なので、比較的自由に時間が使える。空いた時間を活用して、違う分野でも活躍できたらと高校生時代から思っていたので、大学も受験しました。将棋1本に絞る必要はないと思っていたので、エンジニアの仕事も始めました。エンジニアは、働く時間や場所を選ばずできる仕事なので、将棋とも両立可能です」

将棋界には、チェスやバックギャモンなど、他のボードゲームでも才能を発揮している棋士が多い。そうした先輩棋士の姿にも影響を受けた。

谷合さんもひとつのことだけを続けていると飽きてしまう性格で、興味を持ったことはいろいろやってみたくなるという。気分転換という意味でも、将棋とAI研究の両方を追求していくつもりだ。

さらに将棋は、勝たなければ対局の機会も賞金も得られない。むしろ他の仕事を持つことで、精神的にもゆとりができて将棋により集中できるという面もあるという。

「楽しいと感じることが大事」

勉強する男性

受験勉強も対戦ゲームだと思うことで乗り越えたという(写真はイメージです)。

Getty Images/Witthaya Prasongsin

3つのキャリアを実現するうえで、最大の課題が時間の使い方だ。

基本的には、将棋を指したいときに指して、研究をしたいときは研究をする。対局前の3、4日は将棋に専念し、論文の締切前の1、2週間は執筆に専念するというように。頭を都度切り替えて目の前のことに集中するスタンスをとっている。

「一度ハマると、とことんやるタイプ」という谷合さん。時間に追われる日々だが、「どれも好きで楽しんでやっている」と笑顔で語る。

「『楽しい』と感じることをやることが大事。何事も『苦しい』と思ったらつまらないし、モチベーションも上がらない。受験勉強も全国の高3生と点数を競い合う“対戦ゲーム”という感覚で取り組むことで気持ちを維持できました」

異分野経験して生まれた「何とかなる」自信

パソコン

さまざまな分野に触れることで視野が広がっただけでなく、プロ棋士になれなくても何とかなるという自信も得られたと谷合さん(写真はイメージです)。

Getty Images/Dmitry Ageev

将棋、大学院、ベンチャーと異分野の人と関わるなかで、内面的にも変化が生まれた。

「さまざまな分野の方々の考えに触れ、つながりをもてることが刺激的です。将棋だけだと、将棋界の常識に捉われがちですが、幅広い視野で物事を見ることができるようになりました」

17歳で三段に昇段してから、プロ棋士になるまで苦節の8年半を過ごした。途中で諦めて企業に就職しようと思ったこともあったという。転機となったのが、東京大学先端科学技術研究センター特任助教の辻真吾氏監修のもとプログラミングの専門書を執筆するチャンスを得たことだ。先輩棋士の行方尚史氏がつないでくれた縁だという。

「辻先生に出会い、Pythonというプログラミング言語に出合えたおかげで、エンジニアをしながら将棋を続けていけば、価値ある存在になれるのではと思えるようになりました。万が一プロ棋士になれなかったとしても、『何とかなる』という自信がもてたことで、将棋を一層がんばるモチベーションにもなりました」

現在、子ども向けの将棋教室やオンラインの将棋イベントなど、活躍の場を広げている。

「将来的には、将棋とAI、2つの知見を融合して何かできたらと思っています。自分にしかできない分野で社会に貢献したいですね」

プロ棋士として初めて色紙に書いた言葉は「初志貫徹」。この言葉通り、着実に努力を積み重ねて、未来のビジョンも必ず実現してくれるはずだ。

(文・松元順子)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み