【7/17オンライン開催】これから一番必要な「変化対応力」をどう身に付ける?

トップ

コロナ禍での外出自粛期間を通して、本当は自分が何をしたいのか、この先のキャリアをどうしたらいいのか——そんな思いを抱いた人も多いのではないでしょうか。

一つの組織に依存することのリスクも明らかになったうえ、景況の悪化を受けて転職市場も縮小傾向にあります。未来が過去の連続では語れない時代、今一番求められるスキルとは何か? 時間のある今、どんな勉強をすればいいのか?

日本ラグビーフットボール協会理事で株式会社チームボックス代表取締役の中竹竜二さんは、「これから一番必要なのは変化に対応する力」と言います。

コロナで最も影響を受けた業界の一つがスポーツ界です。アスリートの姿を見ていた中竹さんは、「従来の常識にとらわれない、斬新なアスリートの選択肢」が生まれるチャンスだと言うのです。

論文「雇用の未来」で世界に衝撃を与えたオックスフォード大学教授のマイケル・オズボーン氏も、Business Insider Japanのインタビューで次のように指摘しています。

(AI時代に)重要になるのが、「適応力」「自ら学ぶ意欲」です。言うなれば、「変化を楽しめる人間」こそが、生き残れるのではないでしょうか。

では、どのようにしてその力を身に付けたらいいのか。Business Insider Japan統括編集長の浜田敬子が公開インタビュー形式のオンラインイベントにて、お聞きします。

中竹さんに聞きたいキャリアの悩みも事前募集。その場で回答いただく予定にしていますので、お昼休みのひととき、ぜひご参加をお待ちしています!

お申し込みはこちらから

■オンラインイベント(公開インタビュー)概要

  • 日時:7月17日(金)12:15-13:15
  • 開催方法:Youtube Liveを予定(お申し込み完了後、イベント開始前にメールにてURLをお送りします)
  • 参加費:無料
  • 主催:Business Insider Japan編集部

■当日のプログラム

12:15-12:20 BIよりイントロダクション
12:20-12:50 公開インタビュー
12:50-13:05 Q&A
13:05-13:15 クロージング

■こんな方におすすめです

  • この先のキャリアに悩んでいる方
  • これから求められるスキルとは何かを知りたい方
  • これから求められるリーダー像について知りたい方

■登壇者プロフィール

中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事/株式会社チームボックス代表取締役)

中竹さん

撮影:竹井俊晴

1973年福岡県生まれ。早稲田大学卒業、レスター大学大学院修了。三菱総合研究所を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、自律支援型の指導法で大学選手権2連覇を果たす。2010年より日本ラグビーフットボール協会、指導者を指導するコーチングディレクターを務め、2019年、協会理事就任。2012年より3期U20日本代表ヘッドコーチを経て、2016年には日本代表ヘッドコーチ代行も兼務。2014年、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックス設立。2018年、スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。著書に『新版リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは』など多数。一般社団法人スポーツコーチングJapan代表理事、一般社団法人日本車いすラグビー連盟副理事長も務める。

お申し込みはこちらから

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み