BI Daily Newsletter

ネットショッピングの次に来る「ソーシャルコマース」市場予測【レポート】

SNS

イメージです。

Shutterstock

買い物で信頼できる情報源は「ソーシャルメディア」になった

アメリカにおけるソーシャルコマースの売上高の推移予想

アメリカにおけるソーシャルコマースの売上高の推移予想

Business Insider Intelligence

ソーシャルメディアの絶大な人気と影響力により、ソーシャルメディア・プラットフォームを介した買い物客の潜在層も激増している。世界のインターネット・ユーザーによる1日当たりの平均的なソーシャルメディア利用時間は、2012年には90分だったのが、2018年には142分まで伸びている(調査会社GlobalWebIndexのレポートを引用したDigital Information Worldの記事より)。

こうした状況から、ソーシャルメディアは消費者の購買行動を左右する主要な情報源となっている。調査会社eMarketerが引用するGfKの調査では、「商品を選ぶ際、ソーシャルメディアは他の情報源と同様に重要となってきた」と答えたアメリカのインターネット・ユーザーは、2015年には27%だったのが、2018年には36%と増加している。

ソーシャルコマースをいかに伸ばすかが課題に

アメリカの消費者がソーシャルメディア・プラットフォーム経由の買い物をためらう理由。

アメリカの消費者がソーシャルメディア・プラットフォーム経由の買い物をためらう理由。

Business Insider Intelligence

ソーシャルメディアの影響力が拡大するなか、オンラインショッピングの形態のひとつとしてソーシャルコマースはますます重要なチャネルとなっている。

「ソーシャルコマース」という言葉は、ヤフーが2005年に使い始めたものだ。既に10年以上前から消費者は製品やブランドについての情報収集のため、またインスピレーションを得るために、ソーシャルメディアを活用するようになってきた。

しかし近年は、新たな流れが生まれている。これまでは、ユーザーがソーシャルメディアで商品を知ってからECサイトで購買に至るまで、面倒なプロセスが必要だった。プラットフォーム各社はそれらを省略するための機能強化に注力している。例えば購入ボタンの設置や、デジタルウォレットとの連携などによって直接商品を購入できる仕組みだ。

ビジネスインサイダー・インテリジェンスによるレポート「ソーシャルコマース」は、現在のソーシャルコマースの市場規模を推定し、今後の成長を予測する。また、これまで大きく伸びなかった原因を分析しつつ、今後成長が見込まれるのはなぜかを解説する。

主要なソーシャルメディア・プラットフォームが設けているEコマース機能を比較しながら、この領域における各社の今後の展開を予想する。

本レポートで言及される企業:

Amazon, BHADgoods, BigCommerce, Calibra, Depop, Facebook, Instagram, Kylie Cosmetics, L'Oréal, Pinterest, Poshmark, Nike, Samsung, SeatGeek, Snap, Venmo, Walmart

本レポートのキーポイント:

アメリカの消費者の購買行動に影響を与えているソーシャルメディア・プラットフォーム。

アメリカの消費者の購買行動に影響を与えているソーシャルメディア・プラットフォーム。

Business Insider Intelligence

  • 安全性と信頼性の面で不安感を覚えるユーザーが多く、近年ソーシャルコマースの活用は伸びていない。
  • とはいえ、ソーシャルメディアの人気と影響力は健在で、プラットフォーム各社がEコマースとの連携に向けた機能を強化していることから、状況は改善すると見込まれる。
  • インスタグラム、Facebook、Pinterest、Snapchatなどの主要プラットフォームは、今後ソーシャルコマースが普及していくなか、より多くの買い物客を集めるためにEコマース関連機能を強化している。

本レポートの完全版では:

ビジネスインサイダー・インテリジェンスによる「ソーシャルコマース・レポート」

ビジネスインサイダー・インテリジェンスによる「ソーシャルコマース・レポート」

Business Insider Intelligence

  • アメリカにおけるソーシャルコマースの市場規模が、今後5年間でどう推移していくかを予想する。
  • ソーシャルコマース活用の障壁となっているもの、またその成長を後押ししているものについて解説する。
  • インスタグラム、Facebook、Pinterest、Snapchatが採用しているEコマース関連の機能を見ながら、各社の戦略を分析。それぞれの強みと弱点をあきらかにする。
  • ソーシャル機能のあるマーケットプレイスや決済プラットフォームなど、さまざまな形でソーシャルコマースに関わる企業の取り組みを参照し、この市場における各社の位置づけを示す。

本レポートの完全版を入手するには:

リサーチストアからレポート完全版をご購入・ダウンロードする。→購入・ダウンロードはこちらから

[原文:Social Commerce Market Report: How social media is driving ecommerce sales in 2020

(翻訳・野澤朋代、編集・佐藤葉)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み