BI Daily Newsletter

【ビビッドガーデン・秋元里奈2】高速バスで農家を訪ね歩いた日々。いいものをつくることに専念できる「おせっかい」機能

秋元里奈

撮影:伊藤圭

秋元里奈(29)が率いるビビッドガーデンの「食べチョク」は、例えるなら「オンラインの直売所」だ。消費者が「オンラインの直売所=食べ直」に立ち寄って好みの野菜や農産品を注文すると、生産者が宅配便などで送り届ける。生産者と消費者はチャットでコミュニケーションをとることもできる。

メルカリやBASEなど、CtoCのプラットフォームが定着し、面識のない個人同士のモノの売買は私たちの暮らしにすっかりなじんだ。

だが、農業従事者の平均年齢は67歳だ。人によってはインターネットで物を売るハードルは高い。ネット消費に慣れている消費者に対し、特に従事者の年齢が高い第1次産業の生産者はネット販売に不慣れだ。

食べチョクは生産者と消費者のリテラシーギャップを埋める工夫をしているという秋元に、例を挙げてもらった。

「すごくおいしい果物をつくっているのに写真が薄暗くピントがボケているせいで、おいしそうに見えないという農家さんがいました。そこで、事務所に送られてきた試食用の果物を、食べチョクのスタッフがカメラで撮影してプレゼントしたんです。農家さんがその写真をアップしたところ、効果はてきめんでした」

「見せ方」を試行錯誤するようになったところ、この柑橘農家は販売額が2倍に伸びた。

野菜や果物が傷まないように梱包して発送する配慮は欠かせないが、これまで地域の直売所やJAにしか出荷したことのない農家は工夫のツボが分からない。他の農家の事例や梱包材を紹介するなど、「売れる」ためのサポートをする。

おせっかいなプラットフォーム

食べチョク

「食べチョク」はオーガニックの基準を設けて始まった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み