BI Daily Newsletter

“上司イーロン・マスク”の5つの仕事術とは? スペースXの元部下が証言

イーロン・マスク

Kevork Djansezian / Getty Images

  • テレザ・トラナカス(Tereza Tranakas)はコミュニケーション専門家として活躍する起業家だが、以前はイーロン・マスクがCEOを務めるスペースXに所属していた。
  • トラナカスは2002年にマスクと出会ってスペースXに誘われ、同社の100名の創業メンバーの1人としてコミュニケーション担当部長兼公式スポークスマンに採用された。
  • スペースXで働いていた頃、マスクはいつも従業員とともに汗を流し、明確なビジョンを持つことの重要性を力説していた。マスクは目的のためにできることは何でもするというタイプだった。

イーロン・マスクは、アメリカ本土から民間初の宇宙船有人飛行を成功させ、国際宇宙ステーション(ISS)に到達するという歴史的快挙を成し遂げました。イーロンは電気自動車を手掛けるテスラのCEOとしてよく知られていますが、彼の「大本命」は宇宙開発です。スペースXによる最近のロケット打ち上げにより、人類の火星到達という夢に一歩近づきました。

テレザ・トラナカス

テレザ・トラナカスは2002〜2003年、スペースXでマーケティング・PR担当兼公式スポークスパーソンとしてマスクのもとで働いた。

本人提供

私はまだイーロンが無名だった頃、スペースXが設立されてすぐの2002年から彼とともに働きました。当時のスペースXは、大胆で非現実的な(と思う人もいました)野望を抱いた、カリフォルニアにならいくらでもあるスタートアップ企業のひとつに過ぎませんでした。

イーロンと私が知り合ったきっかけは、ある業界イベントでした。話をするうち、彼の手がけるベンチャーに参画しないかと誘われたのです。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み