ハリソン・フォード、その最高の演技トップ14


ハリソン・フォード

ハリソン・フォード。

Frederic J. Brown/Getty

そのたくましくてかっこいい見た目と説得力のあるパンチ(殴る時だけでなく殴られる時も)の能力とともに、ハリソン・フォードは常に『インディ・ジョーンズ』や『スター・ウォーズ』といったシリーズで印象的な役を演じたことで記憶されるだろう。

だが、その過去の出演作品をよく見てみると、ハリソン・フォードはさまざまな役を演じてきたことが分かる。『ワーキング・ガール』の人当たりの良いビジネスマンから『逃亡者』の自身の汚名をそそごうとする医師まで、陽気なキャラクターもドラマティックなキャラクターも演じることができる。

Insiderでは、ハリソン・フォードのこれまでの演技トップ14をまとめた。


14位 『地獄の黙示録』(1979年)のルーカス大佐

『地獄の黙示録』

『地獄の黙示録』より。

United Artists


13位 『カンバセーション…盗聴…』(1974年)のマーティン・ステット

『カンバセーション…盗聴…』

『カンバセーション…盗聴…』より。

Paramount


12位 『アメリカン・グラフィティ』(1973年)のボブ・ファルファ

『アメリカン・グラフィティ』

『アメリカン・グラフィティ』より。

Universal via YouTube


11位 『エアフォース・ワン』(1997年)のジェームズ・マーシャル大統領

『エアフォース・ワン』

『エアフォース・ワン』より。

Columbia Pictures via YouTube


10位 『心の旅』(1991年)のヘンリー・ターナー

『心の旅』

『心の旅』より。

Paramount


9位 『ワーキング・ガール』(1988年)のジャック・トレイナー

『ワーキング・ガール』

『ワーキング・ガール』より。

Screenshot


8位 『モスキート・コースト』(1986年)のアリー・フォックス

『モスキート・コースト』

『モスキート・コースト』より。

Warner Bros.


7位 『パトリオット・ゲーム』(1992年)と『今そこにある危機』(1994年)のジャック・ライアン

『パトリオット・ゲーム』

『パトリオット・ゲーム』より。

Paramount Pictures


6位 『ホワット・ライズ・ビニース』(2000年)のノーマン・スペンサー

『ホワット・ライズ・ビニース』

『ホワット・ライズ・ビニース』より。

DreamWorks


5位 『逃亡者』(1993年)の医師リチャード・キンブル

『逃亡者』

『逃亡者』より。

Warner Bros.


4位 『刑事ジョン・ブック 目撃者』(1985年)のジョン・ブック

『刑事ジョン・ブック 目撃者』

『刑事ジョン・ブック 目撃者』より。

Paramount Pictures


3位 『ブレードランナー』(1982年)と『ブレードランナー2049』(2017年)のリック・デッカード

『ブレードランナー』

『ブレードランナー』より。

Warner Bros.


2位 『スター・ウォーズ』シリーズのハン・ソロ

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より。

Lucasfilm


1位 『インディ・ジョーンズ』シリーズのインディ・ジョーンズ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』より。

Paramount

[原文:The 14 best Harrison Ford performances and where to watch them right now

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み