世界中のテーマパーク休園で「ディズニーは完全回復まで3年かかる恐れ」ゴールドマン・サックス予測


ウォルトディズニーワールド

コロナで休園中だったウォルト・ディズニー・ワールド(米フロリダ州)は7月11日、段階的な再開に踏み切った。

Jerome LABOUYRIE / Shutterstock.com

  • アメリカでコロナの感染拡大が続くなか、ディズニーは7月11日、休園していた旗艦テーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド」(フロリダ州)の段階的な再開に踏み切った。
  • ディズニーは、世界中で展開するテーマパークが休園した影響で、第2四半期の営業利益は10億ドル減少すると試算している。
  • UBSのアナリストの推計によると、アメリカ国内の同社テーマパークの経費は、1カ月あたり約15億ドルにのぼるという。
  • ゴールドマン・サックスのアナリストは「ディズニーのテーマパーク事業は長期的に見れば回復するものの、ソーシャル・ディスタンシングが抑制要因となり、完全な回復は2023年までかかるかもしれない」という悲観シナリオを示した。
  • さらに、香港ディズニーランドは6月18日にいったん営業を再開したものの、感染拡大を受けて香港政府がソーシャル・ディスタンシング措置を再導入したことから、再び休園を余儀なくされた。

「最悪の場合、2023年まで完全には回復しない」

アメリカでコロナの感染拡大が続くなか、ディズニーは7月11日、旗艦テーマパークである「ウォルト・ディズニー・ワールド」(WDW、フロリダ州)の段階的な再開に踏み切った。

同社の財務状況を見ると、その理由がうかがえる。

老舗の大手メディアであるディズニーの決算報告によると、第2四半期の営業利益は10億ドル減少した。これは世界中の同社テーマパーク休園の影響によるものだ。同社のテーマパークの中で最大の入場者数を誇るWDWは、第2四半期中、約2週間にわたって閉鎖されていた。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み