日産初のクロスオーバーEV「アリア」は復活の狼煙になるか? 最高航続距離610km、自動運転PP2.0搭載、実質価格500万円から

preview-928x522-3

出典:日産自動車

日産自動車は7月15日、オンライン発表会で日産初のクロスオーバー(多目的スポーツ車)EV「アリア」の市販モデルを発表した。2021年半ばの発売を予定、エントリーモデルは「実質購入価格で500万円」程度の価格帯を想定している。

最大航続距離610キロ、AWDモデルはスポーツカー並みの加速性能

日産アリア

出典:日産自動車

横浜の日産グローバル本社にある日産パビリオンで開かれたオンライン発表会で内田誠社長は、

「アリアは日産の歴史の中で新たな扉を開くモデル。日産リーフ発売から10年、私たちにはEVのビッグデータを活用したノウハウが蓄積された。日産は今後、年間100万台以上の電動車を販売して参ります」

と、新設計の100%電気自動車発売に向けた意気込みを語った。

クロスオーバーEV「アリア」は、モーターショーなどで披露されるコンセプトモデルかと思えるような未来的な外観を特徴としている。

フロントの凹凸の少ない目新しいグリル部分(日産はシールドと呼んでいる)のデザインには、テクノロジーを詰め込んだピュアEVっぽさが漂う。実際この内部には日産の自動運転システム「プロパイロット2.0」などのセンサー類が組み込まれているという。

日産アリア

実車のダッシュボード周辺のデザイン。横長のディスプレイはS字状にうねりのあるデザインでタッチ対応のようだ。

出典:日産アリア オンライン発表会よりキャプチャー

日産アリア

エアコンの操作パネルは木目調のパネルに一体化。ハプティック(振動による触覚表現)で、押した感触を再現するなど、随所にハイテク感を詰め込んでいる。

出典:日産アリア オンライン発表会よりキャプチャー

発表会では、2種類のバッテリー容量(65kWh、90kWh)、2種類の駆動方式(2WD、AWD)、計4つのグレード展開が明かされた。

もっとも安価なモデルは、バッテリー容量65kWh、1モーターの2輪駆動のモデルで、最高時速160km/h、航続距離最大450km(計測はWLTCモード相当準拠)だ。

一方、最上位モデルは、ゼロ発進からモーターのフルパワーを起動できるEVらしさを感じさせるものだ。バッテリー容量90kWh、2モーターの4輪駆動で最高時速200km/h。加速性能では2.2トンのボディーを5.1秒で100km/hに到達させるなど、スポーツカー並みに俊敏な加速力を持っている。

日産アリア

日産が公開したアリア日本仕様の性能シート。大容量のバッテリーを床下に搭載するため重量はそれなりに重く、最大で2.2トン。

出典:日産自動車

最上位モデルも含めた具体的な価格は非公開。ただし、発表会後に設定された執行役副社長・中畔邦雄氏らとの質疑応答では、「グローバルに展開するモデルだが、サイズ的には(テスラでいえば)Model Yに近いと思っている」とし、同様の価格帯を狙っていることを匂わせた。

車格クラスはModel Yと同じでも、室内空間を広く確保したり、日産GT-Rからのフィードバックもあるという新開発の4輪制御技術「e-4ORCE」の搭載などで、「ユニークな価値を提供できる」(中畔氏)と自信を見せた。

自動運転「プロパイロット2.0」も進化、OTAアップデート機能も

日産アリア

プロパイロット2.0の動作イメージ。準天頂衛星への対応で測位精度はスカイライン搭載のものよりさらに高精度になっているという。

出典:日産自動車

新型スカイラインに搭載された、高速道路上での手放し運転(ハンズオフ)も可能な、自動運転レベル2にあたる先進運転システム「プロパイロット2.0」も一部強化されている。

新たに準天頂衛星システムなどを使った高精度な測位を可能にしたことで、アメリカのフリーウェイなどの幅が広く多車線の道路でも、より正確な自車位置測位ができるようになるという。

システム更新については、OTA(Over-The-Air)での一部システムアップデートにも対応する。

テスラ車の場合、OTAによって機能そのものが増えたり、自動運転の精度が向上したりといったシステムの根本的な刷新に近い変更を体験できることがウリにもなっている。

日産アリア

OTA対応のコネクテッドカーでもあるため、スマホからいつでもアリアの車両情報を見ることができる。Alexa対応で、車内から自宅のスマート家電の操作もできたりする。

出典:日産アリア オンライン発表会よりキャプチャー

それに対して、日産の場合はある程度、限定的なアップデートを想定している。具体的には地図データの更新や、ドライブモードの味付けの変更、ダッシュボードに搭載される大画面ディスプレイなどのGUIのアップデートに使っていく方針。

レベル2の自動運転をレベル3にアップデートするといった計画は現時点ではない、と説明している。

日産アリア

出典:日産自動車

アリアの開発にあたっては、4輪制御技術「e-4ORCE」の開発から5年、車両全体の構想も約2年前から進めていた。プラットフォームを完全新設計するなど、通常よりも多くの開発コストを投じている。

とはいうものの、「相対的に開発投資はかかっているが、販売価格設定とグローバルの販売台数も含めて、十分回収できるビジネスプランがある」(中畔氏)と、商品力と今後のプラットフォーム活用の展望は十分にある、とする。

アリアの世界戦略のカギの1つであるアメリカ市場への投入については、「(プロパイロット2.0を含めた)アメリカでの現地評価も進めている。特に大きな問題なく出せると思っている」と、アメリカ市場への投入計画も順調だとした。

(文・伊藤有

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み