無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


写真で見る、世界の戦闘糧食 18


戦闘糧食

米陸軍の「寒冷地用」戦闘糧食(メニュー11)。

Alduin Hearth

デビッド・ホン(David Hong)さんは民間人かもしれないが、大学時代から戦闘糧食MRE(Meal, Ready to Eat)レーションを食べ続けてきた。

フィリピン在住のホンさんは2014年、約6ドル(約640円)で米軍のMREを購入し、その見た目や味についてYouTubeで伝えた。それ以来、ロシアからスペインまでさまざまな国のMREを試して、こうした動画を18本作った。2018年にYouTubeでのレビューを止めた後も、多くのMREを食べ続けているという。

MREは約3年は保存がきくといい、基本的に缶詰またはフリーズドライになっている。兵士たちにカロリーとエネルギーを提供するだけでなく、「自分が奉仕する国を思い出させる、士気を高めるもの」だとホンさんは指摘する。

「米軍のMREの袋を開けると、2種類のデザートが入っていることに気付きます。そこから米兵は甘いもの好きなんだなとわたしには思えます」とホンさんは語っている。ちなみに、イギリス軍の戦闘糧食にはもちろん紅茶が含まれているし、フランス軍の戦闘糧食は「高級料理」に近いという。

ホンさんがレビューしてきた18種類のMREを振り返ってみよう。


カナダ陸軍のMRE。メインはベイクドビーンズだ。

カナダ

カナダ陸軍(メニュー1)。

Alduin Hearth

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

婚姻届

なぜ夫婦別姓問題は選挙のホットイシューになったのか?自民候補者の葛藤とホンネ

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Oct. 25, 2021, 07:05 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み