BI Daily Newsletter

世界のグローバル企業で働く約75万人のうち、オフィスに戻りたいのはわずか4% —— 最新調査


親子

Stephen Lux/Getty Images

オフィスが再開したら職場に戻るべきかどうか、世界中で人々が決断している。

調査・分析サイト「Perceptyx」の最新調査では、さまざまな業界の100を超えるグローバル企業で働く75万人以上の従業員のうち、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の後、オフィスでの仕事に完全に戻りたいと考えているのはわずか4%であることが分かった。

この数字は4月の調査から大幅に減っている。4月初めの時点では、33%がオフィスに戻りたいと答えていた。

オフィスに戻りたいと考える人が減った一方で、今回の調査では生産性が向上したと感じている人の割合は増えた。6月末の時点で、回答者のほぼ全員が「自分のリモートワーク環境が生産的に働くことを可能にしている」と答えた。

ツイッター(Twitter)スクエア(Square)など、従業員が恒久的に在宅勤務できる大手企業は増えている。

[原文:Only 4% of workers around the world say they ever want to return to an office again

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み